注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【米株】「儲けるコツは?」に答えるバフェットの回答は、「人が売っている時に買う。ただそれだけの事。」今買わないでいつ?!

  • 2020年4月12日
  • 2020年4月12日
  • 米株

投資の神さまウオーレンバフェットの言っている言葉の意味を

今こそ思い出そう。

すなわち、「人が売っている時に買って、買っている時に売っているだけのことである」

は、どういうことか、ですよね。!?

今こそ買い時だからです。

また、「大富豪は大暴落後に生まれる」の俗説を理解しましょう。

要するに、本当の資産家は、大暴落を利用して

巨額の財産を作る方法を知っているのです。

10年に一度の大ボーナスです。

今の大チャンスは、あのリーマンショックを超えています。

しかし、相場はもう1週間ほど前に底を打っているに違いありません。

その証拠に、トランプ大統領の発言で

「全米での死亡者数は、最低でも10万人と言われていたが、

それよりかなり下回ることになりそうだ」

です。そうです。死亡者数を下方修正したのです。

バンザイをしている白衣の人たちのイラスト

これは、人類が最も待ち望んだ事なのです。

今まで、先の見えない新型コロナウイルスに対して

対処方法が見えたということです。

裏情報では、中国人の死者数は2000万人以上とも言われています。

(携帯の解約人数が2000万人分以上らしいです。)

アメリカでは、「最低でも10万人」という数は、

それに比べれば非常に優秀な数値ですが、

更に下方修正となると、全米国民が待ち望んで来たことなのです。

株というのは、全てが「先の見透し」で成立します。

よって、コロナウイルスの対処方法が見えたということに他なりません。

日本ではアビガンがエボラ出血熱に対して、効果を確認していますが、

アメリカでは、マラリア治療薬で効果が出ているようです。

すべての薬においては、治験を兼ねていますが、

人類滅亡の危機に瀕していますので、世界が一丸となっています。

集合している人たちのイラスト(世界)

今こそ、S&P500の株価も元に戻ろうとしています。

それに乗っかれば、今までの損失も元に戻り、

それ以上に利益を得ることができるのです。

完全に治癒するには、それなりの時間がかかる事は

言うまでもありませんが、普段の日常を取り戻すことが

出来る日は、近いということです。

例え、2番底があったとしても、確実に退院できる人が

増えていますから、S&P500が早々に元の株価に戻り、

更なる上昇を描くのは、眼に見えています。

S&P500というのは、あのウオーレンバフェットが奥様に言った言葉に、

「どこに投資するのかわからなかったら、S&P500に投資しなさい。」

と言う言葉があります。と言うことは、必ずと言って良いほど

上がる指数であるということです。

S&P500はアメリカの大型株500選で、常にアメリカを代表する

銘柄が上位からマイクロソフト、アップル、アマゾン、アルファベット、フェイスブックなど

超優良大型株500選ですから、文句の付けようがありません。

機関投資家の投資成績の目安となっています。

アメリカ人の4割は、投資信託で資産を運用していますし、

そのポートフォリオに必ず、含まれているVOO等が有名です。

それだけ、アメリカ人が信頼している指数と言うことになります。

なので、S&P500の成長はトランプ大統領にとっても

最も重要な指数なのです。

ホワイトハウスのイラスト

よって、常に上昇することが約束されているということです。

なので、今回のコロナショックでの暴落は、一時的なモノで

また早いうちに、元に戻るということなのです。

今なら、かなりのスピードでの上昇が期待できるでしょう。

ニューヨークダウ、ナスダックも同様です。

それに引き換え、日本株はどうでしょうか!?

日銀の黒田総裁に、株価の下落を抑えさせるやり方は、

いかがなものでしょうか。

日本株は、一旦暴落してしまうと、元には戻らず停滞したままだから

仕方がないのは止むを得ませんが、

アベノミクスの柳の下には、もうドジョウはいません。

アメリカ株とは、まったく性質が異なります。

なので、これから株はやる人には、アメリカ株がおススメです。

メイドインジャパンは、世界で最も輝かしいとは

思いますが、私の目には、日本株の将来には光が見えません。

最新情報をチェックしよう!