注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【米国株】レバレッジファン必見! 2022年はSPXLからERXに乗り換えよう!

  • 2022年2月12日
  • 2022年2月12日
  • 米株

2022年の米国株の相場は、インフレ率が7.5%に達しました。このまま行けば、3月以降に利上げ確実で、年3回~7回、しかも0.25%毎から0.5%毎だとか、、、とにかく、インフレ対策の実施が叫ばれています。

物価の上昇・下落のイラスト

金利は、消費者物価指数(CPI)よりも上にあるのが望ましい、、、とされている故です。

コロナ禍は、2020年3月を底としてからは、2021年12月までは、金融緩和の影響で、ひたすら上昇していたので、SPXLだけの投資でよかったのですが、

株のイラスト「喜ぶトレーダー」

2022年1月からは、ひたすら下降線を辿っています。

株のイラスト「悲しむトレーダー」

では、今年はどうすれば、儲かるのでしょうか?

答えは、石油株にあります。楽天証券の公式ライブ配信をされている「じっちゃま」に教わりました。(必見です。)XLEがお勧めと、おっしゃってました。

確かに、今年からは、明暗くっきり分かれています。S&P500を代表するETF:VOOはー7%で、一方石油株を代表するETF:XLEは、すでに20%近い値を示しています。

また、まだまだ石油株の上昇トレンドは若い、、、ということなので、尚うれしい限りです。

そこで、昨年までのSPXLに代わるレバレッジ商品を探していたところ、3倍レバレッジのERXを見つけました。案の定、比較すると、とんでもないことになっていました。

な!な!なんと! 今年だけで40%越えです。石油系は、昨年後半からも注目されており、私自身、一過性のものと決め込んでいましたが、過去一年を比較すると、これまたびっくりの100%を超えていました。

それでは、いったいつから、差が付いたのかを調べました。結果、それは、6か月も前から形成が逆転の兆候を示していました。やはり、FRBがインフレを問題視、始めた辺りからでした。

「じっちゃま」は、決してレバレッジを推奨しませんが、そこは自己責任です。しかし、探せば探すほど色々なレバレッジが出てくるので、米株はほんとにアメリカンドリームを実現できる国であること実感できます。

そこでようやく、詳しく調べようという気になりました。こうしてブログを書いているからこそ、分析が進みます。さっそく、明日買うことに決めました。経費率は少々高めの1%です。SPXLとほぼ同じです。

ティッカーコード ERX
目標倍率 300%
総経費率 1.09% 1.13%
純経費率* 1.09% 1.09%

セクターは以下となります。

インデックスのセクター別構成比率%
石油・ガス・消耗燃料 89.66
エネルギー設備・サービス 10.34

構成銘柄は以下となります。米国を代表する名だたる超大型銘柄でした。

インデックスの組入上位10銘柄%
Exxon 22.38
Chevron Texaco 20.36
EOG Resources 4.63
ConocoPhillips 4.50
Schlumberger 4.48
Phillips 66 4.28
Kinder Morgan 3.91
Marathon Petroleum 3.71
Valero Energy 3.65
Occidental U 3.49

レバレッジ好きのあなたならどうする? 因みに、XLEでも十分だと思います。

最新情報をチェックしよう!