注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【米株ETF】VGT vs TECL、どちらを買うべきか!?単なる3倍ではない。

  • 2020年11月30日
  • 2020年12月19日
  • 米株

VGTは情報技術ETFとして、レバレッジ以外のETFにおいては、圧倒的なパフォーマンスを示す銘柄である。一歩TECLも同様のジャンルであるが、3倍レバレッジという飛び道具を備えた銘柄である。

As an information technology ETF, VGT is a brand that shows overwhelming performance in ETFs other than leverage. One step TECL is a similar genre, but it is a brand equipped with a missile called triple levera

構成銘柄はほぼ同じとされているが、経費率も配当金も大きく異なる。これだけを見れば、VGTは経費率も0.1%と安く、配当金も0.87%もある。

The constituent stocks are said to be almost the same, but the expense ratio and dividends are significantly different. Looking at this alone, VGT has a low expense ratio of 0.1% and a dividend of 0.87%.

銘柄TECLVGT
経費率%0.950.1
配当%0.090.87

構成銘柄は、同じであってもレバレッジが3倍もあると、随分と値動きは異なるものである。以下にここ3カ月の値動きを示します。レバレッジ3倍と言うのは、上がるのも凄いが、さがるのも凄いと言うことである。よって、ここ3ケ月では-13%にもなっており、一方VGTは0.85%で現状維持ということである。

Even if the constituent stocks are the same, if the leverage is tripled, the price movements will be quite different. Below are the price movements over the last three months. To say that the leverage is tripled means that it is amazing to go up, but it is also great to go down. Therefore, it has been -13% in the last three months, while VGT is 0.85%, which means that the status quo will be maintained

ひたすら上下を繰り広げた3倍レバレッジと言うのは、ひたすら少しずつ下り坂を下っていきます。よって、基本的には、右肩上がりでないとレバレッジの意味はありません。ここが、レバレッジでない銘柄は、無用に下がる事は無いので安心です。よって、長期で持つなら本当はVGTが良いです。

The triple leverage that goes up and down earnestly means going downhill little by little. Therefore, basically, there is no meaning of leverage unless it rises to the right. Here, you can rest assured that non-leveraged stocks will not go down unnecessarily. Therefore, VGT is really good if you have it for a long time.

以下は、ここ6カ月の比較です。3月の大暴落からみれば、けっこう上がっていますから、きれいに3倍にTECLが上回っています。この3倍レバレッジというのは、一見、短期銘柄のように見えますが、以外にも中期に適しているかも知れません。

Below is a comparison of the last 6 months. Judging from the crash in March, it has risen considerably, so TECL has tripled cleanly. At first glance, this triple leverage looks like a short-term stock, but it may also be suitable for the medium term.

以下は、3月の大暴落を挟んだチャートです。このような大暴落を挟むとレバレッジは、逆作用も大きいですから、VGTとそんなには変わりません。やはり安心してホールドするならVGTが適しています。

Below is a chart of the March crash. With such a crash, leverage has a large adverse effect, so it is not so different from VGT. VGT is suitable if you want to hold with confidence.

以下は、5年の長期チャート比較です。VGTが3倍に対して、TECLは9倍です。実は、3倍レバレッジと言うのは、長期が最も適した運用であるということも考えられます。しかし、5年間には、2度も大きな暴落がありました。

Below is a 5-year long-term chart comparison. VGT is 3 times, TECL is 9 times. In fact, triple leverage can be considered to be the most suitable operation for the long term. However, there were two major crashes in five years.

こんな時は、何もしないと言うことの方が、普通の投資家なら難しいかも知れません。とにかく、TECLは全体の1/4まで目減りしている時もあります。元に戻るには、約6ケ月掛かっています。あまりに下がりが大きい時には、売る事も必要と考えられます。

At times like this, it may be more difficult for an ordinary investor to say nothing. Anyway, TECL is sometimes reduced to 1/4 of the total. It takes about 6 months to get back to normal. When the drop is too large, it may be necessary to sell it.

一方、VGTは大暴落時の下げは、約全体の2/3までです。TECLと比較するとそんなではありません。しかし、3ケ月後には、もう元に戻しています。これなら、少し我慢すれば元に戻ると信じれば、ガチホールドも可能です。

On the other hand, VGT can be lowered by about 2/3 of the total when it crashes. Not so compared to TECL. However, after three months, it has already been restored. In this case, if you believe that it will return to normal with a little patience, you can hold it.

以下は、リーマンショック後の2008年の12月からの比較となります。TECLは108倍と信じられない額となっていますが、VGTも10倍となっています。レバレッジが無くても10倍なら大成功といえるのではないでしょうか!

The following is a comparison from December 2008 after the Lehman shock. TECL is 108 times, which is an incredible amount, but VGT is also 10 times. Even if there is no leverage, if it is 10 times, it can be said that it is a great success!

TECLの変動には、精神的に破綻しそうで、実際に私も何度も売り買いをしてしまいましたが、正直付いていけないボラリティーの高さです。しかし、億を寝て待って、狙いたい人にとっては、理想的な銘柄ではないでしょうか!?

The fluctuation of TECL seems to be mentally bankrupt, and I actually bought and sold it many times, but honestly it is a high volatility that I can not keep up with. However, it is an ideal brand for those who want to sleep and wait for 100 million and aim! ??

最新情報をチェックしよう!