注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【米株ETF】3倍レバレッジ TECLを大きく超えるパフォーマンスSOXLとは!

  • 2020年11月17日
  • 2020年12月6日
  • 米株

そこで、このところTECLの成績が今一つなので、他にもっと良いのはないかと考えていたところ、SOXLという半導体専門のETFを見つけました。これが、ここ6カ月間でTECLの約2倍に対して、SOXLは3倍以上もパフォーマンスを伸ばしています。以下が比較6ケ月チャートです。

So, I was wondering if there was something else that was better because TECL’s performance was not good these days, so I found SOXL, an ETF specializing in semiconductors. This is about twice the performance of TECL in the last six months, while SOXL has more than tripled its performance. Below is a 6-month comparison chart.

兎に角、TECLがここ3ケ月、平坦な相場でウサギのように昼寝をしている間に、SOXLがぶっちぎりにしかも一直線に上昇しています。やはり、半導体は米国家の威信を掛けて、日々進歩に余念がない業界であるだけに、今後も5G、6Gと伸びない訳がありません。私は、「不労所得生活」を夢見て、今頃は「FIRE」している事を信じて、日本株で構成された、手数料が2~3%/年もするボッタクリ投資信託に手を出しました。

In the last three months, SOXL has risen sharply and in a straight line while TECL is taking a nap like a rabbit on a flat market. After all, semiconductors are an industry that is constantly advancing every day with the prestige of Americans, so there is no reason why it will not grow to 5G and 6G in the future. I dreamed of “unearned income life” and believed that I was “FIRE” by this time, so I started a rip-off investment trust consisting of Japanese stocks with a commission of 2 to 3% / year. did.

結果、勉強不足であったため、原資を著しく減少しました。結果、日本株を逃れて来て、海を渡り米株に辿り着きました。米株では、リーマンショックを上回るコロナ大暴落を体験しましたが、逆に源資を元に戻すことができました。米株には、日本のような投資信託はありませんが、優良なETFが多くあります。日本株と違って手数料が驚異的な0.03%/年という、桁違いに良心的な低価格であります。投資家にとっては本当に住み心地の良い投資環境と言えます。

As a result, due to lack of study, the resources were significantly reduced. As a result, I escaped from Japanese stocks and crossed the sea to reach US stocks. In the US stocks, we experienced a corona crash that surpassed the Lehman shock, but on the contrary, we were able to restore the resources. There are no investment trusts in US stocks like in Japan, but there are many good ETFs. Unlike Japanese stocks, the commission is an amazing 0.03% / year, which is an order of magnitude lower price. It’s a really comfortable investment environment for investors.

それゆえに、手数料が約1%/年程度で、3倍レバレッジというETFも多数ありますので、冒険もできます。原資が少ない人は、まずはこれで源資を大きくすることもアメリカンドリーム実現可能であると考えています。以下はここ3カ月のTECL & SOXLの比較です。概ね同様な傾向ですが、ここ一週間は、何か吹っ切れたように、右肩上がりです。

Therefore, the fee is about 1% / year, and there are many ETFs with triple leverage, so you can also adventure. Those who have little resources think that it is possible to realize the American dream by increasing the resources with this. Below is a comparison of TECL & SOXL for the last 3 months. It’s almost the same trend, but for the past week, it’s been rising, as if something had blown out.

以下は、暴落直前からの1年間のチャート比較です。暴落時は、-70%も落ち込んでいます。しかし、今後は、これほど落ちることは考えにくいので、儲けるときには、イケイケドンドンで儲けましょう。

Below is a one-year chart comparison from just before the crash. At the time of the crash, it was down by -70%. However, it is unlikely that it will fall so much in the future, so when you make a profit, let’s make a profit with Ikeikedondon.

以下は、5年間チャートです。明らかにSOXLのパフォーマンスは10倍を超えています。また、TECLを凌いでいます。このようなが、銘柄あったとは、私自身半導体業界で仕事をしていますが、気が付きませんでした。比較すると、上昇指向は、TECLの倍かも知れません。

Below is a 5-year chart. Obviously SOXL’s performance is over 10x. It also surpasses TECL. I myself work in the semiconductor industry, but I didn’t realize that there was a brand like this. By comparison, the ascending orientation may be twice that of TECL.

以下は、ここ10年間のチャートですが、なんと相当共に30倍を超えています。要するに、300万円投資すると、9000万円になり、ほぼ億り人になれると言うことです。今、中国と米国は覇権争いを行っていますが、戦争にならないことを祈ります。

The following is a chart for the last 10 years, but both are considerably over 30 times. In short, if you invest 3 million yen, it will be 90 million yen, and you can become almost a million people. China and the United States are now fighting for hegemony, but I pray that there will be no war.

構成銘柄は、以下となります。情報技術と半導体の銘柄群です。どちらも切っても切れない関係ですね。SOXLは結構バランス良く均等な構成銘柄です。一方TECLは、マイクロソフト、アップルに約40%も依存しています。SOXLは、タイワンセミコンダクターがポイントです。

The constituent stocks are as follows. Information technology and semiconductor brands. Both are inseparable relationships. SOXL is a fairly well-balanced and even constituent brand. On the other hand, TECL depends about 40% on Microsoft and Apple. The point of SOXL is Taiwan Semiconductor.

半導体ETF情報技術ETF
SOXLTECL
クアルコム:8.35%マイクロソフト:21.26%
ブロードコムリミテッド:8.02%アップル:20.30%
エヌビディア:7.92%ビザ:5.08%
テキサスインスツルメント:7.92%インテル:4.16%
インテル:7.04%マスターカード:4.13%
ラムリサーチ:4.38%エヌビディア:3.27%
タイワンセミコンダクター:4.12%シスコシステムズ:2.92%
NXPセミコンダクター:4.12%アドビ:2.80%
アナログデバイセス:4.02%ペイパルホールディング:2.65%
10アプライドマテリアルズ:3.98%セールスフォース:2.40%

また、経費率と配当金は、ほぼ同等ですが、若干SOXLが良好です。この両者のデッドヒートが今後の愉しみです。

Also, the expense ratio and dividends are about the same, but SOXL is slightly better. Both of these dead heats will be fun in the future.

SOXLTECL
経費率0.93%0.95%
配当金0.13%0.09%
最新情報をチェックしよう!