注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【米株ETF】TECLとSPXLを比較して見ました。今から買うならどっち!?

  • 2020年11月28日
  • 2020年12月19日
  • 米株

脅威の爆上げ3倍レバレッジETFのSPXL vs TECLを比較して見ました。大暴落の3月から今日までは、完全にTECLが圧勝でしたが、大統領選が終わって、バイデンかも!?という今の状況までを比較して見ました。

I compared the SPXL vs TECL of the threat explosion triple leveraged ETF. From March of the crash to today, TECL was a complete victory, but after the presidential election, it may be Biden! ?? I compared up to the current situation.

以下がここ3カ月比較に値動きです。SPXLの方が良いですね。TECLは完全に停滞しているように見えますが、3カ月前にとんでもないピークがあり、この頃は、プチバブルっぽかっただけで、2カ月前には、本来の適正価格に戻っています。

Below are the price movements for the last three months. SPXL is better. TECL seems to be completely stagnant, but it had a ridiculous peak three months ago, and at this time it was just petite bubble-like, and two months ago it returned to its original fair price.

一方、SPXLは少しずつではありますが、上昇しています。やはり、S&P500がベースになっているだけあって、着実に今後も上げていくでしょう。よって、これからどちらを買うかとなると、難しい問題ですが、ボラリティーが大きいのはTECLで、堅実で着実なのはSPXLとなります。

On the other hand, the SPXL is rising, albeit little by little. After all, since it is based on S & P500, we will steadily increase it in the future. So it’s a difficult question to buy from now on, but TECL has the highest volatility and SPXL is the solid and steady one.

やはり、SPXLはS&P500がベースになっており、言わば米国民の株人口は多く、投資の根源だから、一時的な下げはあっても上がり続けることを運命づけられていると思います。3倍レバレッジであってもSPXLは類まれなる優秀なETFと考えられます。

After all, SPXL is based on S & P500, so to speak, the stock population of Americans is large and it is the source of investment, so I think that it is destined to continue rising even if there is a temporary decline. Even with triple leverage, the SPXL is considered an exceptional ETF.

以下は、ここ6カ月の比較です。見ていきましょう。ほぼ同等で変わりませんね。一時期は、TECLは一瞬早い段階で2倍になって凄いと思ってTECL好きとなりましたが、結果はあまり変わりませんね。TECLはもう伸び切ってしまったのでしょうか!?私自身も考え直そうと思っています。

Below is a comparison of the last 6 months. Let’s take a look. It’s almost the same and doesn’t change. For a while, I thought that TECL doubled at an early stage and became a fan of TECL, but the result hasn’t changed much. Has TECL already grown? ?? I’m thinking of rethinking myself.

以下は、ここ1年です。コロナ暴落3ケ月前からの比較です。これを見ると、TECLの暴落からの復活は速いですね。確かに、コロナ禍での暴落時はこのMICROSOFTやAPPLEは着実に収益を上げていましたから、米株を支えていた立役者です。

The following is the last year. It is a comparison from 3 months before the corona crash. Looking at this, the recovery from the crash of TECL is quick. Certainly, MICROSOFT and APPLE were steadily making profits at the time of the crash in the corona slump, so they are the driving force behind the US stocks.

以下は、過去5年間の比較です。SPXLが約3倍に対してTECLが約9倍ですから、TECLは圧倒的です。これがTECLの最大の魅力ですが、今後はどうなるかわかりませんが、双方ともにガチキープは、必須だと思います。

Below is a comparison of the last 5 years. TECL is overwhelming because SPXL is about 3 times and TECL is about 9 times. This is the biggest attraction of TECL, but I don’t know what will happen in the future, but I think that Gachikeep is essential for both parties.

以下は、創業時の2008年12月からの比較になります。SPXLが約24倍に対して、TECLは108倍です。どちらも十数年で20倍超えです。このいずれかのETFを持っているだけで、アメリカンドリームが実現できそうです。108倍なんて、100万円投資するだけで、1億越えです。

The following is a comparison from December 2008 when the company was founded. The SPXL is about 24 times, while the TECL is 108 times. Both have exceeded 20 times in more than a dozen years. It seems that the American dream can be realized just by having one of these ETFs. 108 times is over 100 million just by investing 1 million yen.

ここまでくれば、TECLがSPXLを圧倒していており、やっぱりTECLは凄いとなりますが、今後はわかりません。TECLはAPPLE MICROSOFTの比率が40%を占めているので、この2つはキーポイントです。やっぱりSPXLは安定性から長期保有に向いています。

At this point, the TECL has overwhelmed the SPXL, and the TECL is amazing, but I don’t know in the future. In TECL, the ratio of APPLE MICROSOFT occupies 40%, so these two are the key points. After all, SPXL is suitable for long-term holding because of its stability.

これら3倍レバレッジETFは、イマイチ知名度は低くて、持っている人は少ないと思いますが、ボラリティーが高すぎて短期の運用としてのみ、考える人は多いです。しかし、意外にも長期に向いているかも知れパフォーマンスを持っていると私は信じています。なんてったって、優良米株で構成されているからです。

These triple leveraged ETFs are not well known and I think few people have them, but many people think of them only as short-term operations because of their high volatility. However, I believe it has performance that may be surprisingly long-term. Because it is made up of excellent rice stocks.

以下がTECL構成銘柄となります。SPXLはS&P500(米国上場銘柄の上位の大型銘柄500選)です。各業界・業種に分散されています。詳細は、ここでは割愛します。

The following are TECL constituents. The SPXL is the S & P 500 (the top 500 largest US listed stocks). It is distributed in each industry. Details are omitted here.

情報技術ETF
TECL
マイクロソフト:21.26%
アップル:20.30%
ビザ:5.08%
インテル:4.16%
マスターカード:4.13%
エヌビディア:3.27%
シスコシステムズ:2.92%
アドビ:2.80%
ペイパルホールディング:2.65%
10セールスフォース:2.40%

以下が経費率と配当金です。SPXLの配当金は3倍レバレッジの割に悪くないです。

Below are the expense ratios and dividends. The SPXL dividend is not bad for triple leverage.

SPXLTECL
経費率0.95%0.95%
配当金0.68%0.09%
最新情報をチェックしよう!