注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【ハーレーダビッドソンン】革カバンのHERZヘルツのウエストバッグは耐久性抜群で一生使える!

私はバイクに乗るときは、必ずベルトを通したポーチを腰から下げて

財布やスマホを持ち歩きます。その際に、革製品メーカーのHERZの

ベルトポーチが秀逸であります。

スタンダードベルトポーチ(E-49)

是非、ハーレー乗りに腰からぶら下げて頂きたい。

価格帯は、¥13,860~17,600である。少し高いが必ず元が取れます。

私は、日頃から使用しているが、やはり革製品なので、美しく、

しかも丈夫です。使うほどに味わいが出ます。

というのも、従来からデグナーの布製のバックを下げていましたが、

デザインは素晴らしいのだが、何しろ布製なので、スグに穴が空いて、

買い替えが必要でした。

布だけに、使うほどにボロボロになるのです。

(帆布が使ってあれば良いのだが、、、)

デザインは気に入っていたので、¥4~5千円のを4~5個は買い換えました。

かなりの出費です。

一方、HERZの革ベルトポーチに換えてからは、買い替えが不要で、

一生モノになりました。半永久的に使えます。

また、使うほどに味が出てきて、もう手放せません。

革製品の素材の強さは、布製品の比ではなく、とにかく磨り減るということが、ありません。

なので、逆にお得なのです。

以下がもう7~8年にもなりますが、ますます渋さが増していきます。

革製品が良いのか、それともHERZのメーカーが良いのかわかりませんが、

(おそらく両方だとおもいますが、、、)

この製品の革の厚さは、5mmもあります。サイドは、3mmで

縫い合わせると8mmにもなります。また、縫製糸の擦れや切れが

全くなく、こんな品質過剰な製品を作って、メーカーとしては儲かるのだろうかと思うほど、逆に心配になりました。(笑)

受注生産で注文してから、5~6週間かかります。

受注して職人さんが手作業で作るのですから、それくらいかかります。

出来たばっかりなので、製品が届いた時は、革製品なのに、

指紋が付くほどピカピカでした。(凄い技術!)

(あまりに、ピカピカなので会社のバカな先輩が、大切にしているポーチに触って指紋を付ける悪戯を受けました。笑)

とにかく、見た目は、シンプルですが、縫製にしても

細かい気配りがされていて、ほころびるようなところは全くなく、

革に取り付けてある、金属製のバックル等の方が、

何かにぶつけた際に、先に壊れるという、信じがたい耐久性を誇っています。

今どきの大量生産とは異なる、真のメイドインジャパンにベタ惚れでした。

本当に日本の職人さんの心意気が伝わってきました。

(安かろう悪かろうの中〇製品はもううんざりです。)

昔、子供の時に、古い実家の納屋に、誇りを被った古い革鞄を見つけましたが、まだ使えそうでした。ただ、カビの匂いが凄くて使う気にはなれませんでしたが。

皮製品と言うのは、大切に使えば、100年以上も長持ちする究極の素材だと改めて知りました。

これがきっかけとして、革製品にハマりました。

もっとHERZ製品を買おうと思っていましたが、なにしろ耐久性が尋常ではないので、

買い替えが不要で、今度は財布にしようと思っています。

ジーンズに毎日ぶら下げていましたが、

ジーンズの方がいい感じに擦れて、カッコ良くなりました。(笑)

色も多様にあるので、選べます。女子には赤がお似合いです。

スタンダードベルトポーチ(E-49) チョコ
スタンダードベルトポーチ(E-49) グリーン
スタンダードベルトポーチ(E-49) レッド

HERZのいいところは、ホームページにしても飾り気がなく、

おそらくは、職人さんが、カッコいいポーチを付けている様が掲載されています。

スタンダードベルトポーチ(E-49) Lサイズ着用

品質で勝負と言った所でしょう。

いつか、お店にも行ってみたいと思っていたので、

渋谷店に数年前に行ってきました。時間があまりなかったので、

じっくりとは見れませんでしたが、国際連合大学の近くでした。

(今まで国際連合大学の存在自体知らず、凄いところにあると思いました。)

初期投資は、少々高いので少し勇気が必要ですが、

半永久的に使用できる、一生モノと考えれば、元が取れて安く上がります。

是非、本物のメイドインジャパンを堪能してください。

最新情報をチェックしよう!