注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【健康】脊椎すべり症と仲良く付き合って行くには、毎日の筋トレが必須です。

私は、腰椎が1/3程ズレています。

しかし、手術することもせずに居ます。

寝たきり1か月、入院2ケ月、社会復帰まで3ケ月を要したくらい重症でしたが、今では、こうやって人一倍元気にやっています。

世の中には、同じような辛い経験をした人は大勢いると思います。

少しでも、参考になると嬉しいです。方法は、他でもありません。

決して、自然治癒したわけでもありません。

ひたすら努力して毎日リハビリを行っていました。ここにその方法を明記します。

①毎日、とにかく60分以上歩く事。

②毎日、腹筋すること。

③毎週、ロードバイクに乗って50km以上走る。

とにかく、歩くことは、非常に大切です。出来れば毎日1時間以上が望ましいです。

そうすることで、体幹を鍛え、腹筋・背筋・臀部筋を鍛えることができます。

ひたすら寝ててもこの病気は一生涯治りません。

むしろ、寝るだけなら悪化します。

体幹を鍛えることが重要で、体幹を支える筋肉や背骨を刺激するのです。

そうすることで、血流を促して毛細血管を増やし、骨も筋肉も強くなります。

ジョギングをする女性のイラスト

これしか方法はありません。

但し、すべり症の腹筋方法として、やってはいけないトレーニング方法があります。

(×)背筋が反るような足上げ腹筋は、背骨が反って、すべり症が進行するので逆効果です。

バックエクステンションのイラスト(男性)

(〇)有効なのは、仰向けに寝そべった状態で、膝を曲げての腹筋が良いです。

筋トレのイラスト「腹筋をする男性」

私の場合、重度のすべり症だったので、1か月間は本当に寝たきりでした。

車いすにも乗れなかったので、寝たまま食事をしてました。

人間1ケ月も寝ているとどうなると思いますか!?

■体を支えていた全ての筋肉がやせ細る。

■おしっこが出なくなる。

■体幹がクラゲのようにフニャフニャになる。

■ベッドに座ることもできなくなる。

■立つことすらできない。

普段何気なく、普通に歩いたり、走ったり、ご飯を食べたり、会社に行ったりと

当たり前に出来ていたことが、一切出来なくなります。

力を入れても、筋肉が細ってしまっているので、身体が動きません。

人間の骨格をよく見て貰えばわかるように、上半身と下半身の間は細い背骨一本しかありません。

人間の骨格のイラスト(人体)

これらは全て筋肉が支えています。筋肉が無ければ、立つことすら出来ないのです。

リハビリがこんなにも厳しいものだとは、予想もしていませんでした。

しかし、このすべり症は治ることはありません。

直すなら大規模な手術が必要です。、

これ以上に背骨が滑らないように添え木(添え骨)をする必要があります。

その添え骨も左右の骨盤2か所から採取する必要があります。

骨盤のイラスト
手術のイラスト

このような大手術をすると、もう半年も入院をしなければなりません。

そんなのは、絶対に嫌なので、頑張って筋トレを一生行う覚悟です。

すべり症の方は、共に頑張りましょう。

また、お酒の飲み過ぎは、良くないです。

足の痺れなどが、酷くなります。

やはり、最も良いのが、歩く事です。

これ以外には、無いような気がします。

最新情報をチェックしよう!