注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【霊能力】私には、不思議体験がたくさんあります。

山口敏太郎さんのATLASラジオを聞いて、私も同じ体験をしています。

私は、幽霊をよく見るとか、それほど霊感体質ではありませんが、

やはりおばあちゃんが霊能力者であったので、その血統なのか

私の娘の不思議な話があります。

娘が小学生の頃、私は友人と飲み行き、いつもより飲み過ぎて、意識を失って

真夜中の吉祥寺の交通量の多い道路をさまよっていました。

突然、電話が鳴って出ると家内からの連絡でした。

「娘がお父ちゃんに電話してと夜中に繰り返し叫んでいたので、電話したよ。」との連絡でした。

何を隠そう、私はその電話で意識を戻して、どこかの道端で寝てて車にひかれるのを免れました。

何食わぬ顔で帰宅すると、家内の言うことには、「娘は電話した後は、安心してぐっすりと寝ていたよ」というのです。

そうです。娘は遠隔透視をしていたかのように、私の命を救ってくれました。

溺れている人に浮き輪を投げる救助員のイラスト

家内には、私は酔っぱらった時の酒癖が悪いので、このような命拾いしたことは、知らせていませんが、本当に無事で良かったと胸をなでおろしています。

別の投稿にも明記しているように、このような不思議な体験が多くあります。

私の実家は、播州織物といって、機械で布を編んで服などの生地を作る工場を家族で経営していました。

今となっては、火事で全焼してしまって、丸焦げになってしまい、店をたたんでしまいました。

その火事が起きる2年前くらいのことです。夢の中で工場が燃え盛る夢を何度も見ていました。

当時は、実家に電話をかけると、何事も無いので、安心していましたが、

まさか、2年後に本当に火事で全焼するなんて思っても見ませんでした。

予知夢というのでしょうか!

火消しの纏(まとい)のイラスト

火事自体は、一度も現場を見ていなかったのですが、夢で見た火事の光景を思いだすことができます。

屋根まで燃え盛り、辺りは、何故か水浸し状態となっていました。今から考えると消防車による放水の後でしょう。とても悲しい限りでした。負傷者が出ていなかったのが、せめてもの救いです。

また、予知夢と言えば、もうひとつあります。

だいぶむかしですが、夢の中で田舎の実家に帰ると、家の玄関側に庭があって

縁側のサッシが夜中に明るく光っている不思議な光景を何度も見ていました。

通常は、夏休み等で田舎に帰っても縁側が明るくなっていることはほとんどありませんでした。

ある日、下宿先に電話がかかってきて、兄の悲報を聞きつけ、飛んで帰りましたが、その日は、夕暮れに田舎に帰ってきましたが、その時に実家を見た光景が

まさしく縁側が明るく光っていた光景でした。

そうです。田舎なので御近所の方々が、通夜で実家に集まって、普段は明かりを付けない縁側の部屋の灯りを付けて、こうこうと光っていたのでした。

夢を見ている人のイラスト

また、妻が布団に寝ていて、私が看病している夢を見ました。

その2週間後に妻は、車の事故で一命を取り留めましたが、

車が大破し、廃車になるほどの事故が発生しました。

思い出したら、キリががありませんが、本当に多くの予知夢を見ました。

特に、災い事の場合は、強く印象に残っています。

私の父親は、亡くなって20年以上経過しますが、父親は姉家族といっしょに家業を経営していました。

姉家族には、2人の孫がいましたが、父親が亡くなってから49日までの間

不思議体験を教えてくれました。学校の校庭で遊んでいると、真昼間に

父親が会いに来たそうです。普通に学校の友達に混ざって、比較的に遠目にこちらを見ていたようです。

なんと孫2人とも、同様にほぼ同じ日の真昼間にわざわざ学校に来たと語っていました。

亡き父親も49日を迎えるに当たって、最後の別れを告げに来たのでしょう。

お線香のイラスト

まったく、不思議な話です。

このように、人の死という事は、物理的な肉体が亡くなるだけで、本人はそこらをさ迷っているという風に考えています。

なので、親しかった人の死は、もう会えないので、その一瞬は悲しい事ですが、魂は無くなる事は無いので残念ではありますが、

不思議と深く悲しくはありません。そもそも死に対する考え方が、人とは違うようです。

先にあの世に行っているだけで、自分が死ねば、其の人達と会えると思っているので、非常に楽しみにしています。

私自身、いつでも逝ってもいいですが、今は現生において、自分が居なくなると家族が生活に困ったり、悲しむので、なるべく長生きしようと思っている程度です。

貧困にあえぐシングルマザーのイラスト

妻や子供が取り残されて、シングルマザーになる情景を想像すると、きっと死んだことを後悔するので、なるべく元気で、日々生きている次第でございます。

お金を残すことが出来れば、話は別ですが。(笑)

最新情報をチェックしよう!