注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【ロードバイク】お尻の痛さ解消。 イタリア製サドル、 Selle SMP TRKの快適さ!

2015年にロードバイク:ラレーCRFを買ったはいいが、

慣れないサドルに、お尻が痛くて、本当に参ってしまってしまいました。

犬に噛まれている人のイラスト

買った早々に、1回乗っただけで断念。

アマゾンで別のを発注し、交換しました。

しかし、それも痛くて1カ月持たず、3個目に交換しました。

またまた痛くて、1カ月待たずに、4個目で

ワイズロードにあったSelle SMP TRNを購入し、

やっと、お尻の痛さから解消されました。

こんなに交換するのは、私だけでしょうか?(笑)

見た目にもフカフカだし、実際に触ると文句なしの柔らかさです。

しかも間が割れていて、股間の通気性も良さそうだし、少々高くても

背に腹は代えられないとばかりに、即買いしました。

大正解でした。

ロードバイクに乗っている人は、

よくもまぁ~薄っぺらいサドルに乗っていて、尻が痛くならないのか!

それとも、我慢しているものだなぁ~ と、当時は感心しきりでした。

鏡で自分の尻を見てみると、あまり肉付きが良くなく、

垂れケツだと、かみさんに笑われたものです。

後々、考えるとタイツもお尻パッドが薄い安物を使っていたので

そのせいもあったかも知れません。

しかし、このサドルにしてからは、やはり本場のイタリア製だから

なのか、違和感はまったく無くなりました。

お尻の形は、個人差が大きいので、

お薦めできるのかどうか、わかりませんが、

色々なメーカーがある中、クッション厚さが最大なのではないかと思います。

後は、番外編ですが、

近所のスーパーに買い物するために、

2ND自転車にママチャリを持っております。

自転車自体が安いせいか、どうも座り心地が悪く、

ずーっと気になっていましたが、ママチャリに性能を追い求めても

仕方が無いとばかりに、諦めていました。

ある日突然、このママチャリを通勤で使用することになり、

少しはポジションを快適にしようとばかりに、

近所の自転車屋に駆け込みました。

そこに電動自転車用のサドルが転がっていたので、

試しに交換してもらうと、これが実に快適でした。

そのまま、装着して貰いました。

電動アシスト自転車のイラスト

今どきの電動自転車は、特に御婦人が子供を乗せて使う事が多いので、

おそらく御婦人用だと思います。

サドルの大きさが普通より一回り大きいので、

座り心地が良いのは、これが要因だと思います。

普通のママチャリにこんなに大きいシートを装着して乗るのは、

おそらく、日本で私だけだと思います。(笑)

こんなにサドルにこだわるのかと言うと、

思い当たる節があります。

小学生の時に、馬飛び遊びをした経験が

誰しもあると思いますが、

竹馬のイラスト

私が飛び乗ると、馬になっている人が

「痛い!今乗ったの誰?」と言って、

みんな騒いでいたのを思い出しました。

後々考えると、私は尾骶骨が人よりも大きく、

そのせいで、自分に尻にクッション性が無く、

普通のサドルでは痛いのだと、今、思い出しました。

(なるほど!そうだったのか!)

そういうわけで、お尻が痛くてどうしようもない方には、お勧めです。

因みに、MとLがあります。私は、Mを使用していましたが、

今度は、Lにしようと思います。

最新情報をチェックしよう!