注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【ロードバイク】2020年東京オリンピック!ロードバイクレースの聖地が正式コースに決定!

なんと2020年の東京オリンピックのロードバイク競技の正式コースに、

稲城市が正式決定!

その近くに住む、共にロードバイクを愛する古くからの友人に、お守りを貰いました。

現代風でアニメっぽく、カラフルな交通安全のお守りです。

こんなの見たことありません。

阿蘇神社は、神武天皇の孫神が、阿蘇を開拓し、2000年以上の歴史ある古社です。古来、阿蘇山火口をご神体とする火山信仰と共に、崇敬をあつめてきました。

阿蘇氏は、我が国でも有数の旧家で、中世には武士化して肥後国を代表する豪族となり、500社に及ぶ分社があります。

今回、2020年のオリンピック開催において、ロードバイクの正式コースとなった

サイクリングロードの道中、お守りを買って来て貰いました。

ロードレースの正式コースは、「武蔵野の森コース」をスタートし、

静岡県の「富士スピードウェイ」をゴールとして、244kmものロングランコースとなります。

なんと標高差4865mに及びます。ツールドフランスを彷彿するような

UP-DOWNの激しい、かなりハイレベルなコースのようです。

これで、日本もロードバイク人口が更に増えるのではないでしょうか!

鳥居とCAAD13(お正月仕様)

これが、多摩川サイクリングロード、羽田側終着点にある、名物の鳥居です。

もしかして、この鳥居は、あの都市伝説の鳥居でしょうか!?

その都市伝説とは、昔、ここの土地に羽田空港を作るために、埋め立てた際に、

神社の巨大な御神木があったそうです。

飛行機が発着する際に、邪魔になるので、この御神木を切り倒そうとしたそうですが、

そのたびに、人がケガをしたり、病気になったりと、色々な災い事が起きたそうです。

これは、困ったとして、考えたた挙句、神木を切り倒す代わりに

鳥居を立てたという伝説があります。

それ以来、厄事は無くなったそうですが、

もしやその鳥居ではないでしょうか!?

お祓いをする神主のイラスト

話は、変わりますが、

ここから奥多摩まで、多摩川沿いはサイクリストにとって、

とても景色の良い風景が広がります。

適度なUP-DOWNがあり、景色に見とれて、いつの間にか

相当な距離を走ってしまうほど、

東京都とは思えないほど、風光明媚な景色です。

以下は、奥多摩湖手前の御岳山近くの相当に谷が深くなったあたりの、

小学校に通じる橋の上からの写真ですが、

普通にバンジージャンプが出来てしまうほどの高さがあり、

思わず、足がすくみました。

こんなところに小学校があるのかと、眼を疑いました。

奥多摩湖へ通じる道中は、今まで見たこともない光景に出会えますので、

今度も行ってみたいと思います。

ロードバイクの良いところは、車ではなかなか小道のような

行けない所をサクサクと走ることができます。また、

最近のロードバイクは性能も良いので、坂道が本当に楽で、

走っていて坂道であることに気が付かなかった事が良くあります。

近くに住む、古くからの友人は、週末は、

必ずと言っていいほど、買ったばかりのキャノンデールCAAD13に

跨り、身体を鍛えています。

走行距離も徐々に伸ばし、今ではコンスタントに50kmを超えています。

本人的には、運動の為、ロードバイクに跨り、

半年が経過して、そろそろ飽きて来たと言っていますが、

側から見ると、確実に健康度が増し、

以前のような仕事等の疲れによる倦怠感は、

微塵も感じられません。酒も更に強くなったような勢いを感じます。

最近では、ビンディングペダルをアマゾンで発注したらしいですが、

更なる走行距離も伸ばしていく事でしょう。

そうすると、このような絶景に出会えて、ロードバイクの

愉しみは、さらに増す事でしょう。

私も負けないように頑張りたいと思います。

最新情報をチェックしよう!