注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【ロードバイク】コンチネンタルGP4000→GP5000に交換しました。

GP4000で約4000㎞以上走って約1年半の間、

一度もパンクは無かったです。凄いタイヤだと素直に思います。

特に、タイヤの中の繊維部分がはみ出してくるような事も無く、

まだまだ走れそうでした。

WEBで10000㎞走ると中の繊維部分が見えてくるそうです。

自分は、タイヤの減りは、そんなでもありませんでしたが、

細かい樹脂の劣化を見ると心配になり、

さすがに、フルブレーキングしたと時の

タイヤと路面のスリップ距離が長くなって来たので、

危険を感じ、交換を決意しました。

アマゾンで買いましたが、購買意欲を十分にそそるモノでした。

GP4000は製造から10年以上も経過しており、

パンクしないロードバイクの定番となっていました。

性能も乗心地もグリップも良くなっています。

以下がセールスポイントです。

■転がり抵抗が12%向上。

■耐パンク性能が20%向上。

■25Cサイズで5gの軽量化。

■伝説のブラックチリコンパウンドを使用。

グリップと転がり抵抗のバランスを最適化。

■タイヤ構造で振動を吸収して、乗り心地を向上。

■サイドをレーザー加工して、グリップ向上。

■引張強度の向上。GP5000の名に因んで、5000km走れることを

意味しますから、当然耐久性も向上するでしょう。

【実際に走ってみての感想】

先ずは見た目ですが、履いててとてもカッコいいデザインです。

ペイントなどもきれいで、ロードバイク全体もカッコよくなった気がします。

タイヤの外形がひと回り細くなったような印象を受けました。

8㎏パンパンに入れているので、太くなったのかも知れません。

乗ってて、フルブレーキングした時の、制動距離が短くなりました。

おそらくグリップが良くなったのでしょう。

乗心地も良くなったと思います。

走った時の転がり感は、グリップが良くなった分

物足らない感じはしますが、

これは仕方がないと思います。

総じて、タイヤの空気圧を7kg→8kgに変更した時や

ホイールをノーマル→mavicのキシリウムエリートに変えた時や

ノーマルペダル→ビンディングペダルに変えた時の衝撃はありませんが、

十分に満足の行くモノであると思います。

万歳をして喜ぶ人のイラスト(男性)

安全を確保するモノなので、

乗心地よりも、グリップと耐パンク性能が、

秀逸であれば十分と思います。

やはり、4000km前後で交換した方が無難です。

タイヤ寿命だけでなく、色々なところの調整がズレていたりしますから、

一緒にメンテナンスが行えます。

毎週約50㎞くらい走るなら、タイヤ交換は走行距離よりも、

年に1回取り換えるのがベストと思います。

実際に、タイヤ交換以外は、おおきなメンテナンスは

ここ3年くらいは、してこなかったのです。

よって、ブレーキシューとタイヤの方当たりが

あまりに大きかったのには、驚きました。

フレームとブレーキ間の1本ネジで簡単調整できました。

やはり、シマノ105は優秀ですね。

昔、中学生の頃に乗っていた、ツバメのロードバイクは

車体こそ、強度不足によって、とても軽かったのですが、

この調整は構造的に、できませんでした。

シマノ(SHIMANO) BR-R7000 リア用 デュアルピボットブレーキ IBRR7000AR82AS シルバー

タイヤの中のチューブはパナレーサーですが、

これまた、耐久性抜群なので、

タイヤ交換時に、また使おうかと思いましたが、

ここGP4000に履き替えてからは、

ここ3年間はパンクしたことがなかったので、

予備で買っていた物も3年前になってしまって、

弾力性が低下しないかと心配で、交換することしました。

これもまた秀逸です。劣化はほとんどありません。

私は、中学生の頃からロードバイクに乗っているので、

歴40年にもなりますが、20年前にも友人から貰ったロードバイクで

レースに出場したりしてた時、タイヤはチューブラーでした。

当時は、¥1,000/1本の超安いタイヤを履いており、

1回/2日の割合で、パンクしていました。

それが当たり前だと思っていたので、

パンクは本当に辛かったです。

なので、GP4000の耐パンク性能に驚愕しています。

GP5000はそれ以上ということに、期待が半端なです。

ネットで、タイヤについての記事を何件か見てみましたが、

やはりGP5000の評判は最高ですね。

サドルとMavicホイールとGP5000タイヤは、

最高のモノを手に入れました。

残るは、フレームです。

これも中学生の頃からクロモリを乗っていたので、

ソロソロ、テコを入れてみたいと思います。

やはり、アルミか!カーボンか!乞うご期待。

最新情報をチェックしよう!