注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【ロードバイク】GP-5000 vs ヴィットリア・コルサ 両方乗ってわかった事。

かつでは、GP-4000に4年も乗って、ただの一度もパンクがありませんでした。交換は、流石に2年ごとに交換しました。4000というだけあって、確実に4000km走りました。

In the past, I had been riding the GP-4000 for four years and had never had a flat tire. I exchanged it every two years. There was only 4000, so I definitely ran 4000km.

しかも、軽快でスイスイ走るので、これ以上のタイヤは無いと考えていましたが、GP-5000が発売されました。すべてのスペックで優れているので、これに交換しましたが、3ケ月で1度目の1cmバーストパンク発生。

Moreover, because it is light and runs swiftly, I thought that there would be no more tires, but the GP-5000 was released. Since it is excellent in all specifications, I replaced it with this one, but the first 1 cm burst puncture occurred in 3 months.

交換後、さらには6ケ月目には、五寸釘を踏んで、2㎝のバーストパンクで、交換を余儀なくされました。度重なる2回のバーストは、運の悪さは、確かにありますが、他にも原因はあります。

After the replacement, and in the 6th month, I was forced to replace it with a 2 cm burst puncture by stepping on a five-inch nail. The two bursts are certainly unlucky, but there are other causes as well.

その原因とは、2回のバーストが発生した日の朝に、タイヤの空気を8kgfにしました。本当は自分の体重からすると、スマホのアプリで計算した7.5kgfが適切な空気圧でしたが、GP-4000の時から、8kgfのパフォーマンスが良いので、ついつい多めに入れてしまいました。

The cause was that the tire air was set to 8kgf on the morning of the day when the two bursts occurred. Actually, from my own weight, 7.5kgf calculated by the smartphone app was the appropriate air pressure, but since the GP-4000, the performance of 8kgf is good, so I just added a lot.

しかし、GP-5000は、GP-4000のそれと異なり、まったく違うテイストでした。空気圧を増しても、乗り心地が固くなるだけで、劇的な転がり抵抗は、まったく体感できませんでした。逆に、バーストしやすくなっていたと考えられます。

However, the GP-5000 had a completely different taste, unlike that of the GP-4000. Increasing the air pressure only made the ride quality harder, and I couldn’t feel the dramatic rolling resistance at all. On the contrary, it is thought that it was easy to burst.

このヴィットリア コルサ G2.0 と比較すると、GP-5000の方が軽量・軽快でスイスイと走っていたように感じます。特に漕ぎだしの軽さは、やっぱりGP-5000は素晴らしいと今でも思っています。

Compared to this Vittoria Corsa G2.0, the GP-5000 is lighter and lighter, and I feel that it was running smoothly. I still think that the GP-5000 is wonderful, especially for the lightness of rowing.

空気圧を入れ過ぎたばかりに、バーストし易くなって、GP-4000からの持ち味であった耐久性は、ものの見事に吹っ飛びました。

Just after applying too much air pressure, it became easier to burst, and the durability that was a characteristic of GP-4000 was blown away brilliantly.

今から考えると、GP-4000は、25Cであったにもかからわらず、ヴィットリア・コルサ28Cよりも太かったのです。実はGP-4000はタイヤ径が太い事が、耐パンク性能の要因のひとつでは無いかとも考えらます。

From now on, the GP-4000 was thicker than the Vittoria Corsa 28C, even though it was 25C. In fact, the fact that the GP-4000 has a large tire diameter may be one of the factors for its puncture resistance.

ならば、最初から28Cの方が、パンクに強いのでは無いかと考えています。乗った感想として、確かに足の回転の重さはありますが、路面の不快な振動は軽減したと思います。

Then, from the beginning, I think that 28C is more resistant to punctures. As for the impression of riding, although the weight of the rotation of the foot is certainly heavy, I think that the unpleasant vibration of the road surface has been reduced.

今思うと、GP-4000はもうどこにも売っておらず、もう2度と乗れないと思うと、寂しい限りです。GP-5000は確かに微振動は軽減しましたが、あの体感的ない転がりの軽快さは、GP-4000の及びません。

When I think about it now, the GP-4000 is no longer sold anywhere, and I feel lonely when I think I can never ride it again. The GP-5000 certainly reduced the slight vibration, but the lightness of rolling that is not felt is not as good as that of the GP-4000.

空気圧を7kgf→8kgfにしたときの軽快さは特筆すべきものがありました。タイヤ径も太かったことから、も一度タイヤメーカーは研究して貰いたいと思います。

The lightness when the air pressure was changed from 7kgf to 8kgf was noteworthy. Since the tire diameter was also large, I would like the tire manufacturer to research it once again.

最新情報をチェックしよう!