注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【ロードバイク】BROOKS,スプリング付きの革サドルを使ったら、快適すぎて、空を飛んでる感覚になった。

尻が痛かったので、いろんなサドルを物色した挙句、たどり着いたのは、スプリング付きの革サドルであった。

ピスト乗りなら、重いスプリングがかっこいいと採用する人は多いが、最初ブレーキが付いていない、、、ということから、「ロードバイクを舐めるな!!!」と考えて嫌いでしたが、法律で規制されて安心しました。

本当の意味で乗り心地が良いコンフォートを目指すなら、究極はスプリング付きを推奨します。

サドルに跨って、ペダルを漕ぐと、お尻が左右に揺れます。この揺れをスプリングが撓ることで、お尻の圧迫を避けます。

サドルを漕ぎながら、スプリングを触っていると、確かに伸び縮みするのがわかります。確実にスプリング昨日いることがわかります。

また、BROOKSのスプリング付き革サドルなら、自分の「お尻の形=骨盤の形」に合わせて、革靴と同じように、形状変化しますから、この二重の効果が絶大です。

確かに約1㎏前後して重いが、それに勝る乗り心地の良さがあります。お尻に違和感が無くなり、サドルに座っているという感覚すらも無くなり、ただ、ハンドルを掴んでペダルを漕いでいる感覚だけになり、眞に空を飛んでいる気分になりました。

天国のイラスト(背景素材)
ハロウィンのキャラクター(魔女)

そうです。ロードバイクの良いところは、自分の力で、空中を移動できる感覚です。鳥になれるんです。す。

ロードバイクは、少しでも軽量にしようと各メーカーは躍起となっていますが、それだけ軽くなった分をスプリング付き革サドルを搭載できると考えましょう!

普通の安いサドルを乗ると、お尻の痛さは、最初はなんともないですが、1時間以上するとだんだん痛くなることが良くあります。

要するに、お尻の同じ個所が、漕ぐたびに圧迫&接触して、怪我をした状態になります。それでロードバイクを降りる人は多いと思います。本当に残念です。

世のご婦人方が乗るママチャリを見てください。ほとんどがスプリング付きです。なので、ロードバイクにもスピードばかり追いかけずに、快適性をも考慮すべきと考えます。

以下は、ギザプロダクトの革サドルです。BROOKSよりも革は分厚く、カッチカチで革も固いですが、スプリングのあるせいか、最初からお尻が痛くありません。

正直、ロードバイクに取り付けてみると、BROOKSよのブラックよりもこちらのブラウンの方がかっこいいことがわかりました。

ブラックはよりもブラウンは、革の色合いも変化して非常に味わいがあります。今は、ナイロン製のサドルばっかりで、絶滅危惧種となってしまいましたが、ちゃんと手入れをすれば、こちらの方が100倍乗り心地も良いです。

また、スプリングがめっき処理なので、本当にかっこいいです。

しかし、残念なことに、2個目を買おうとして探しましたが、もう販売はしていませんでした。もう絶滅してしまったか!?

むかし、日本軍が中国出兵の際に乗っていた自転車には、これが付いていました。軍用に使うということは、それだけ実用性が高いとうことです。

また乗るたびに、革も撓りるようになってきました。純正の日本製です。最初はカッチカチなので、乗り心地は悪いだろうとタカをくくって使わなかったのですが、BROOKSのスプリング無しを乗ってみて、スプリングが効果絶大であることを確信しました。

この事実を知らない人は多いと思いますが、200kmくらい走るブルべなどは、効果が大きいのではないかと思います。

このキャノンデールは、さすがにスプリング付きを搭載する気は起きませんが、BROOKSのカンビュームの購入を検討しています。

お尻が痛くて困っている友人に、ダメだったら僕が買い取る、、、と勧めたら、痛みが解消したと喜んでいました。

やはり、天然ゴムだから、漕いだ時に左右に撓るようです。キャノンデールに搭載予定です。天然ゴムは時間が経過してもナイロンのように固くなったしないようです。

しかも、重さも革サドルほど重くないし、雨を気にする必要もないようなので最適化と思います。

最新情報をチェックしよう!