注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【ロードバイク】【ビンディング・ーペダル】高価なクリートのお得な交換時期!

ローバイクに使用するクリートは、シマノだと1セットで¥2,000もするので、そんなに頻繁には交換が出来ない。また、他のメーカーのクリート使うのも心配だし、やっぱりシマノかな!!

The cleats used for low bikes cost 2,000 yen per set with Shimano, so they cannot be replaced so often. Also, I’m worried about using cleats from other manufacturers, so I think it’s Shimano! !!

自転車パーツの世界は、シマノ一色だけど、独占禁止法に引っかからないのかね! 仕方ないので、どうやったらランニングコストを抑えることができるのか!?考えてみました。

The world of bicycle parts is all about Shimano, but I wonder if it will not be caught by the Antimonopoly Act! It can’t be helped, so how can we reduce running costs? ?? I thought about it.

シマノ クリートセット SM-SH10 SPD-SLクリート 3549

見つかりました。それは、片方づつ交換するのです。

Found. It replaces one by one.

方法として、クリートを使っていると樹脂だから路上を歩いているだけで磨り減って来ます。しかし、ロードバイクに乗っている時は、「カチッ」と音がするところは、路上とは接触しない所なので、実際は路上歩きとは、関係が無い部分のはずです。

As a method, if you use cleats, they will be worn out just by walking on the street because they are made of resin. However, when riding a road bike, the place where you hear a “click” does not come into contact with the road, so it should not actually be related to walking on the road.

通常、私の場合、ロックしたり外したりは、ほとんど左足です。よって、左足のクリートのロック部分からヘタってきます。しかし、意外といきなりロックできない・・・なんてことにはなりません。強く押すとカチッと入ります。一回入るとしばらくは、使えますが、入りにくくなった時点で交換する方が無難です。

Normally, in my case, locking and unlocking is mostly on my left foot. Therefore, it will come off from the lock part of the cleat on the left foot. However, it doesn’t mean that you can’t lock it suddenly. If you press it strongly, it will click. Once you enter it, you can use it for a while, but it is safer to replace it when it becomes difficult to enter.

よって、左足だけ交換すれば良いのです。わたしの場合、右はほとんど外すことはないので、そのまま入り難くなるまで履き続けようと思っています。以下が左で、ロックし難くなり、強く押し込まないとロックし難くなった状態の左です。

Therefore, you only have to replace your left foot. In my case, I rarely remove the right side, so I will continue to wear it until it becomes difficult to enter. The following is the left, which is difficult to lock, and it is difficult to lock unless you push it hard.

今回、初めて写真を撮りましたが、こんなにも違いがはっきりと出ているとは、自分自身びっくりです。確かに、かなり削れています。この状態になれば、かなり押し込まないとロックしません。こうなれば、見かけ上も感触の交換の時期と言えます。本当は、入り難いと気になって、走りに集中できないので、余裕にある人には、早めの交換がおススメです。以下が大体1年弱、毎週末に50㎞走った結果です。

I took a picture for the first time this time, and I was surprised to see such a clear difference. Certainly, it has been sharpened considerably. In this state, it will not lock unless it is pushed in considerably. If this happens, it can be said that it is time to exchange the appearance and feel. Actually, I’m worried that it’s difficult to enter, so I can’t concentrate on running, so if you can afford it, early replacement is recommended. The following is the result of running 50km every weekend for less than a year.

以下は、殆ど脱着を行わない右です。以前は、路上を歩いて削れて来たら、両方共交換をしていましたが、以下を見る限り、まだまだ行けますね! 写真で見ると、ほとんど傷がついて無いように見えます。実際にも脱着の感触も新品の時とあまり差がありません。

The following is the right which hardly attaches and detaches. In the past, if you walked down the street and scraped, you exchanged both, but as far as you can see below, you can still go! Looking at the photo, it looks like there are almost no scratches. Actually, the feeling of attachment and detachment is not so different from when it is new.

しかし、安全を考えたら、あまり使いすぎると、ロックし難くなったりすると、気になってライディングに影響が出ますので、やはり早めの交換がいいに決まっています。

However, considering safety, if you use it too much, it will be difficult to lock, and it will affect your riding, so it is decided to replace it early.

私の場合は、5年も毎週走っていますから、ランニングコストは重要です。また、他にも交換すべき箇所はたくさんあるので、ロードバイクを維持するのもそこそこお金もかかります。

In my case, I’ve been running every week for five years, so running costs are important. Also, there are many other places to replace, so maintaining a road bike can be reasonably expensive.

これから、クリートの交換を行いますが、クリートの交換方法は、以下のように以前使用していた古いクリートの跡形がシューズに残っていますから、それに合わせましょう。以下が古いクリートです。

I’m going to replace the cleats, but the cleat replacement method is as follows, because the traces of the old cleats that I used before are left on the shoes, so let’s match it. Below are the old cleats.

以下が古いクリートを外した跡形です。白くくっきりと跡形が残っています。

Below is a trace of the old cleat removed. A clear white trace remains.

以下が新しいクリートを付けた後です。新しくて、次のライディング時が楽しみになります。ワクワクです。

Below is the new cleat. It’s new and I’m looking forward to the next ride. I’m excited.

ここで注意すべきは、ネジロックです。新しいネジも板もパッケージされていますから、すべて交換して、新しいネジには必ずネジロックしましょう。他の投稿にも書きましたが、ネジロックをしないと、ネジが緩んでクリート自体が外れなくなり、危険です。

What you should pay attention to here is the screw lock. New screws and plates are packaged, so be sure to replace them all and lock them on the new screws. As I wrote in other posts, if you do not lock the screws, the screws will loosen and the cleats themselves will not come off, which is dangerous.

一度、危険な目に逢ったことがあり、コンビニの駐車場で、靴を丸ごと脱いで、外した経験があります。その際、ネジも無くなっていたので、家に戻るしかありませんでした。一日がダメになるとても悲惨な日でした。

I once encountered a dangerous eye, and I had the experience of taking off my shoes in the parking lot of a convenience store. At that time, the screws were gone, so I had no choice but to go home. It was a very miserable day when the day was ruined.

以下がネジロックです。揮発しないようにナイロン袋に入れています。

Below is the screw lock. I put it in a nylon bag so that it does not volatilize.

以下が、外した古いクリートです。ネジごと燃えないゴミで捨ててしまいましょう。残ったクリートは、今度ダメになった方を交換するために、残しておきしましょう。

Below is the old cleat I removed. Throw away the screws with non-burnable garbage. Let’s keep the remaining cleats to replace the one that has failed this time.

最新情報をチェックしよう!