注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【アトピー】必見!アトピーを直す十か条。

アトピーで、人生で色々な事を損している人へ治療方法をお贈りします。

今からでも、間に合いますので、諦めない事が大切です。

私も、大学浪人のストレスの渦中で
発症して以来、長年アトピー対策を40年間、毎日試行錯誤して、

やっと掴んだ方法を明記します。

私は医師ではありませんが、アトピーを治すために、いろいろ方法を自分の体で、人体実験を繰り返して得たノウハウがあります。

要するに、新薬製品化前の人体実験する治験と、

同じ意味の事を繰り返して来ました。

そんじょそこらの金儲け主義の藪医師よりは、
アトピー治療に関しては、勝る自身があります。

本当に尊敬できる医師と言うのは、論文を読んで色々な知識を詰め込むよりも

ノーベル医学生理学賞を取った人に代表されるように、論文を書く側の人です。

論文を書く側の医師は、色々な考察を元に試行錯誤して、

治療方法を確立するものです。

よって、通り一遍等の知識しか持たないような、藪医師の言うことは、鵜呑みにしないようにしましょう。

元々、私は、アトピーが発症したのは、強いステロイドの副作用からです。

要するに薬害です。

今では、むかしのような強烈なステロイドは使用禁止になっています。

即効性はあるが、リバウンドは倍返しで、悪くなります。

よって、薬はあくまで、寝られないような、酷い時だけに服用しましょう。

しかし、薬は我慢しすぎても、悪化させるだけなので、

適度に使う事が大切です。

薬に体が慣れてくると、麻薬みたいに、カラダは常用常習性を要求して来ます。

薬はあくまで、対処療法なので、根本的な治療薬ではありません。

アトピーで、そんな良い薬は、今の所、存在しません、

と言い切って良いと思います。

よって、ステロイドは、2週間以上、違い過ぎないようにしましょう。

なぜ、それが分かるかと言うと、色々な物を
実際に自分で、使って、自分の体で、人体実験をしたからに他なりません。

薬は、長年使いすぎると、体は、悪化の一途を辿ることになります。

薬を使うことは、楽で気持ちか良いのだが、あとで、とんでもないシッペ返しが多々あります。

薬の基本は、毒なので、少量や少しの期間なら良いが、

薬は、あくまで補助であり、100%頼ってはダメです。

ある程度、良くなってきたから、薬の量を減らしたり、使用しない事を目指して、頑張りましょう。

【アトピーに、一番重要なことは、汗を毎日かくことが、皮膚呼吸をさせ、皮膚本来の機能を復活させる事になります。】

深呼吸のイラスト(女性)

だから、荒れた肌も、生まれてかわる。

アトピーは、皮膚呼吸困難になっているから、表皮が生まれても、直ぐに死んで、角質化してしまいます。

だけど、皮膚は鉛筆の芯のように、消耗品だから、死んだ新しい皮膚が、下から毎日どんどん、竹の子のように、生まれ変わります。

人間の体は、一年で、90%以上生まれ変わります。

よって、特に皮膚は、生まれ変わりが、最も活発だから、
一年で元の肌に戻るから、諦めないようにしましょう。

以下の①から⑩の事を常に意識しながら、頑張りましょう。

①ウォーキングは、必ず毎日やりましょう。30分以上で、汗をかくことが重要です。 出来る限り毎日。


本当は60分以上が理想。やはり、ロードバイクのような、激しめの運動が2〜3時間出来るスポーツが最も調良い。

②汗のかき始めは、とても痒い。だけど、激しい目の運動を2時間以上すると、汗をかくことに、皮膚が慣れてくるので、不思議と痒みは治まってきます。


また、汗をかくことで、皮膚の新陳代謝が活発になるから、皮膚本来の機能が戻ってきます。

だから、冬より夏の方が汗をかくから、若干調子が良いのであります。

とにかく、長めのシンドイ運動する事で、脳が体を掻くことよりも、しんどさが優先されるので、掻くことも忘れるし、減ってくるし、皮膚が息を吹き返して、蘇ってきます。

最終的には、掻くなくなります。

毎日実施することが重要です。


運動することで、疲れるし、夜もぐっすり、良く寝れるようになります。

③できれば、シャワーより、お風呂がおすすめ。なぜかと言うと、古い死んだ皮膚は、掻いて落としても良いが、新しい皮膚がうまれ、新陳代謝が活発になるからです。

だけど、新しい皮膚は、血が出るくらい掻き壊さない事が重要です。

新しい皮膚が治癒して元に戻るには、2~3日は掛かるので、傷付けないようしましょう。

④石鹸を使うと、痒みが酷くなるので、アレルギーテストがしてあるのを使うようにしましょう。お勧めは、
【ミヨシ石鹸 無添加 泡のボディーソープがおすすめ】


今まで、10種類以上試しましたが、これがベストです。
これ以外の石鹸は、使わない方がいいです。

保湿や色々な混ぜ物が入った石鹸がありますが、返って肌を刺激します。

寧ろ、シンプルな、この石鹸を使った方が、からだの古い角質や油脂や汚れ、雑菌を洗い流すから、痒みが和らぎます。

掻いて血や体液が出ると、黄色ぶどう球菌が、皮膚に大発生します。洗い流さないと、化膿したり、より悪化してしまいます。なので、毎日洗い流しましょう。

シャワーを浴びているイラスト

尚、黄色ブドウ球菌は、滞在菌なので、健康状態が良ければ、身体に悪さをすることはありませんので、ご安心ください。

刺激を感じるなら、最初は、1日置きでよいです。

以前は、私も石鹸を使って、いなかった時期がありますが、

肌の古い角質が落ちないので、肌が分厚くなってきます。

そうすると、更には、皮膚が呼吸困難になるので、また掻くという、悪循環に陥ります。

古い角質は洗い落とさないと、皮膚呼吸しなくなるから、痒みがとれません。

古い角質は、キチンと爪を切った手で掻き落としても問題ありません。

寧ろ、肌のマッサージ効果も上がります。

但し、爪が伸びていると、新しい皮膚も掻き壊わしてしまうので、手加減することが重要です。

この石鹸のヌルヌル効果を利用して、古い角質だけを洗い落とすようにしましょう。

⑤風呂上りは、真水の冷水で、体を引き締め、痒みも収まります。

冷たいシャワーを浴びる人のイラスト

私は毎日、40年間、風呂上りは、真冬でも頭から水をかぶっています。

最初は、キツイが、慣れます。これで、風邪もひかないようになりました。

⑤皮膚は、何層もの構造で、出て来ている。潤いを得るなら、確かに保湿に有効なプロペトが安くて良いが、本当の保湿を得るなら、食物で得るのが良い。
【Asahi エピオス錠】を毎日、摂取がおすすめ。

エビオス錠 2000錠 【指定医薬部外品】 EBIOS 天然素材ビール酵母 胃腸・栄養補給薬

ビール酵母から出来た食品で、腸にも良いです。

便秘によるアトピーの場合は、これで腸内が正常化され、これだけで治る場合もあります。

私は、かつて、ビールを飲んだ時や、日本酒を飲んだ時は、肌が凄く潤う時があったのです。

酒系は、肌に潤いをもたらすので、何か良いものは無いかとさがしたら、エビオス錠があったので、飲んだら大正解でした。

鼻の油がコッテリとでてくるように、全身がしっとりしてきます。

私はこれで、乾燥肌から脱去出来ました。

本当に試して欲しいです。

プロペトは良いが、これに頼る必要がなくなります。

プロペトを塗ると、その時は、良いですが、毎日塗ると

皮膚は怠けて、自ら潤いを出さなくなります。

要は、欠乏症なので、良くなってきたら、塗る頻度を減らしましょう。

⑥いくら、これらをしっかりやって、成果が出ていても、調子の悪い時はある。ストレスは、溜めず発散しよう! 自転車を持っているなら、遠出をして、2時間以上走ろう。汗もかけるし、ストレスも解消するし、内臓、筋肉にも良い。

ストレスチェックの用紙のイラスト

⑦アレルゲンに気をつけよう。
花粉、ピーナツのような、アレルギー反応が強いのは気をつけましょう。一度摂取すると、2~3日は、アレルギー反応が残ります。

いろいろなアレルギー食品のマーク(その他)

⑧海で泳ぐのもアリです!
私は、最も調子の悪い時に、サーフボードを持って、サーファーやってました。

サーフィンをしに行く人のイラスト(女性)

海に入った時は、イナバノ白ウサギのように、全身ヒリヒリしたが、やはり、荒治療ではあるが、やはり、二時間もすると、慣れるから、その日は、痒みが治ってよく眠れたよ。結局は、1か月で治りました。

サーフボードは、海に入る為の大義名分のようなもので、何もないと、カッコがつかないから。直ぐに治す気があるなら、こちらが近道です。


海から出た後は、疲れと、痒みがヒリヒリの痛みに変わった事で、
帰りのファミレスの駐車場で二時間爆睡しました。

当時は毎日が、よく眠れていなかったので、とても気持ちよかったです。

⑨アトピーは、肌バリアが低くなって、雑菌か入り易くなっている。例えば、白癬菌に肌の一部がかかっていると、アトピーが治っても改善しません。その部分は、別の白癬菌用の薬をつけて直す事が重要です。

虫刺され薬のイラスト

⑩体の洗い方は、タオルを使ってはいけません。ナイロンのタオルは、新しい肌を傷つけるから、最悪です。綿タオルも繊維自体は、硬いのでこれまた、新しい肌を傷つけるので、NG。
爪をまめに切った手で、マッサージするように洗うこと。
その際には、指先に石鹸をつけてヌルヌルさせることで、新しい肌を傷つけず、古い角質だけを洗い流せるから、手で洗うのが、ベスト!

爪を切っているイラスト

①から⑩まで、ちゃんと実施すれば、失った日々を取り戻すことができます。アトピーは治ります。気長に頑張りましょう。

番外編)

⑪肌が荒れていると、半袖などで露出するのは、気が引けますが、一人で行動するときは、なるべく肌を露出しましょう。

比較的、肌が露出している手の甲や、顔などには、

アトピーの程度が比較的に、軽いです。

⑫太陽の光を肌で直接受けましょう。ビタミンDの生成にも繋がるし、膚がメラニン色素を分泌して、外来の刺激に強くなるため、アトピーにも有効です。現に痒みも和らぎます。

これらの事を実践すれば、必ず皮膚が正常を取り戻します。

最新情報をチェックしよう!