注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【ロードバイク】GP4000は2年間パンクしなかったが、GP5000は3カ月目でパンク発生! グリップと転がり抵抗は良くなっているが、パンクには、確実に弱くなっている!

GP4000は2年も毎週末に乗ったのに、一度もパンクせず、

大変、気に入った点でした。具体的に、耐パンク性能を語るのは、

運とかもあるので、難しいですが、私の見解は、以下となります。

GP4000は、走っていると、パンクの原因である小石などを

気持ちいいくらい、「ガツッ」と、勢いよく遠くに、跳ね飛ばしていました。

そして、飛んだ小石が、車道を走る車のピカピカボディーに「カンッ!」と

ぶつかって、けっこう大きな金属音を

立てていたので、車の運転手には、聞こえるのではないかと

ハラハラしたもんでした。(笑)

バレないように、私は正面を向いて、何食わぬ顔で走っていましたが、

運転手も意外と気が付いていないようで、「ホッ!」と胸を撫でおろしていました。

おそらく、原理的には、小石を弾き飛ばすことで、

タイヤが自ら傷つくのを防止し、パンクを防御しているのだと、

常々、感心していました。

いろいろな状態の風船のイラスト

GP5000になってから、その「カーンッ」と言う音の回数が

少なくなったのではないかと、思う次第でございます。

要するに、耐パンク性能が下がったと、、、

実際には、まだ3ケ月なので、何ともデータが足りませんが、

今後、検証して行きたいと思います。

今回のパンクは、何か鋭利なモノに刺さったようで、

防ぎきれず、運が悪かったのかも知れません。

パンク残物は、おそらく吹き飛ばされて、無くなっていました。

約7㎜の切り傷です。タイヤは、シューと言う音がしてから、

約10秒後にペチャンコになっていました。

チューブは、交換しましたが、

約7㎜の裂傷なら、内部の耐パンク繊維は壊れていないと思うし、

GP5000タイヤだって、まだ3ケ月だし、

交換するのは、2本で一万円もするので、だいぶモッタイナイです。

何か方法は、無いものかと、考えました。

ネットで色々検討すると、以下の2種類の接着材が良いとありました。

①ボンド ウルトラ多用途 ほぼどんな組合わせでも、接着できるようです。屋内/屋外OK 凸凹OKで、溶剤は入っておらず、水や衝撃に強い、24時間で完全に硬化します。硬化後は弾力性のあるゴム状です。

※温度は明記していない。※ポリプロピレン、ポリエチレンも接着可能。

画像・ウルトラ多用途S・U プレミアム ソフト

②スーパーセメダインX2 最近の流行か、ほぼボンドと同じ内容です。

※温度は、-40~120℃ と明記してあります。※ポリプロピレン、ポリエチレンは不可。

スーパーX2

両者とも、子供の時から、工作で使っている馴染みのある接着ブランドです。

ボンドは、木の接着に、セメダインは、プラモデルの接着に

良く使っていました。とても懐かしいです。

今回は、割と新製品で、似たような性能ですが、

温度や素材に若干の違いがあります。

どちらが今回のパンクに有効か、検証したいと思います。

丁度、①のボンドが手元にあったので、早速塗って見ました。

かなり、へたくそですが、走っているうちに、良い感じに削れるでしょうから、

1回50㎞を走った後の写真が以下となります。

うまく埋まっているように見えますが、、、

炎天下の日に、2回目を走ると接着剤は、綺麗に剥がれて、

パックリと口を開けてしまってます。

若干大きくなっているようにも見えます。

こうなってしまうと、空気が少しずつ抜けてしまい、

しかも、自転車屋さんで空気を入れながら、自宅まで

熱中症に成りながら、道にも迷って帰るという、

悲惨な思いをしました。結論は、穴傷ならまだしも

1㎝近い切り傷の場合は、すぐにタイヤを交換しましょう。

そうしないと、同じことを繰り返すことになります。

最新情報をチェックしよう!