注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【ロードバイク】2016年ラレーに5年乗って、いい感じにヤレてきたので、BROOKS革サドルを付けました。。。

ついに、我が愛車:2016年式ラレーCRFにBROOKSのサドルを付けました。

ラレー自体は色選択に失敗して、そんなに気に入ってもなかったのですが、

BROOKSのサドルを付ける事で、思いのほか、見栄えも良くなりました。

もう丸5年乗りましたから、そろそろ何かを変化を起こさないと、

刺激がありません。最初は、そんなに乗るとは思っていませんでしたが、

いつしか各パーツを交換した部品は数知れず、ついにネタが無くなり、

150年以上の歴史を持つ、老舗のBROOKSの革サドルに至りました。

また、スプリングの効果と大きめの穴あき効果を同時に体感したくて、

これを選択しました。

最初、このスプリングはカッコだけでは無いだろうかと疑ってみました。

因みに、昔の自転車は、必ずと言って良いほど、

スプリングは付いていた記憶があります。

今どきの自転車には、殆ど付いていません。ましてやロードバイクなんて、

タダでさえ、タイヤが細くてクッション性が悪いのに、

空気圧をより高くして、硬いサドルに乗って、、、

なんて私には、考えられません。

実際に乗って見ると、ママチャリの様なボヨンボヨンしたところはなく、

顕著にバネの効果を感じる事は無かったです。

しかし、坂を下った先のマンホールの段差等は、確実に振動を吸収し、

効果がありました。

だいぶスピードを出しての強烈な段差なら、効果ありとは

正直、どうなんだろうと思いましたが、

このような振動の蓄積が疲労を助長させるのだと思います。

ばねのイラスト

どれほど、バネは仕事しているのか、走っている最中に

バネの隙間に指を入れてみました。思いのほか、指が挟まれて

痛かったですが、結構上下に揺れており、そこそこ仕事しているようでした。

重さは、通常のサドルよりも500g重いですが、実質的には、

そんなに重さは感じませんでした。

それよりも、足を踏み込んだ時に、バネが下方に一緒に沈みこむので、

足の回転に合わせて、左右にしなっているようです。

このせいなのか、ペダルの踏み込みが軽くなったように感じました。

また、ここぞとばかりに、スピードを出したい時は、

バネで飛ぶように、けっこうリズミカルにバネの力を利用して、

左右に踏み込めるので、

一瞬、自分が速くなったように感じました。

これもバネの影響では無いかと、これから楽しみです。

自分のタイヤは、コンチネンタル、グランプリGP-5000を履いていますが、

空気圧を7→8kgfにした時、とんでもなく転がり抵抗が

軽減されて、スムーズに走るようになったので、

それからズーと8kgfのままですが、そのせいか、

とんでもなく、路面の凹凸をモロに体で受け止めており、

走るたび、脳天の芯まで響いて、頭がクラクラになります。よって、

このスプリングは、路面振動防止に良いはずです。

心無しか、疲労がいつもより、5/8 まで軽減されたような気がしました。

また、革の効果は、これからだと思いますが、最初からそんなに固くはなく、

サドル中央の縦長の切り欠きがあるせいが、

通気性が確保され、革の特性上、熱がコモることが無いため、終始快適でした。

今後、さらに自分のお尻が馴染むと考えると、楽しみで仕方ありません。

風船割りのイラスト(運動会)

やはり、今後も究極に快適なコンフォート・ロードバイクを目指します。

次は、ハンドルの振動で少し手が腱鞘炎気味なので、

特殊素材のハンドルで振動を和らげて、

手の痺れを軽減させようとも考えています。

ハンドルもカーボンか何かに換えると、快適になる、、、

と、どこかに書いてあったと思うので、チャレンジしたいと思います。

究極の超快適ロードバイクは、これから10年ライドをめざして、

新たな一歩を踏み出しました。あ!写真を撮って気が付きましたが、

BROOKSに普通のナイロンのサドルバックは、

全く合っていない事に気が付きました。

このように、BROOKSのサドルを付ける事によって、

色々な展望が開けると同時に、色々な課題も見つかりました。

みんなでロードバイクを楽しみましょう。

最新情報をチェックしよう!