注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【アイデア】スマホのメモ有効活用で、物忘れ防止だけではない!自分をマインドコントロールまでできる方法。

近年、年を取るにつれて買い物忘れや、今後の人生の目標を買い見失いがちでありますが、これを対策する有効な方法があります。

iphoneなどの無料で入っているメモのアプリです。何の変哲もなく、ただメモを取るだけの機能ですが、これが使い方によっては、とっても重宝します。

例えば、トイレットペーパーがなくなった場合、無い忘れると大変な事になりますよね!! そこで、すぐに「トイレットペーパー買う」とメモします。そして、会社帰りには、必ずスマホのメモ帳を見る癖を付けるのです。

そうすると、「なんか買う必要あったよな! なんだっけ??」と迷うことなくスマホのメモ帳を見ると、「トイレットペーパー買う」と書いてあるので、買い忘れがなくなるのです。

私の場合は、「歯磨き粉が無くなる」とか「ゴミ袋買う」など、思い付いたその場で、メモするようにしているので、この方法で買い物忘れはほぼ0%となって大変に重宝しています。

また、「ID」や「パスワード」もすべてメモしています。これは便利です。また、「ブログのネタ」もブログに書いています。後から見ると大変便利です。

最近では、会社で嫌な事があったりすると、その対策方法も考えてメモしています。例えば、嫌な人との付き合い方をメモしました。

短気な人がいて、スグに切れて怒鳴る人がいます。この人と付き合う方法を考えました。また、その怒る人に対して、私自身も逆上して熱くなり、怒ってしまうので、傍目には、私の方が悪く見えてしまいます。ちょうどユーチューブで、次のように仏教の説法をしていました。

仏陀の教えでは、108ある煩悩の中で、最もやってはいけない最悪な「三毒」があり、そのひとつに「怒る」と行為です。これは、周りに毒をまき散らすと言うことで、いくらその人が悪くなくても、怒る事は周りを不幸にすることである。

この説法に感動し、次のように実際にメモしました。

私の実家は、高野山の真言宗ですが、私自身は敬虔な人間ではありません。寧ろ、煩悩に埋め尽くされた人間ですが、仏陀の教えは、すばらしいと感じた瞬間でした。

■怒人に近寄らず ■怒人の言うことは軽く受け流す ■不怒な人間になる ■不怒は格好が良い ■怒人は格好が悪い ■自分から怒る感情を消去 ■相手が悪も不怒 ■相手が悪くとも怒れば自分が悪

すると、これは不思議な事ですが、次に日からは実践している自分がいたのです。メモに書くだけで、無意識の中に、自分を本当にマインドコントロールしているんのです。

いつの間にか、私はその怒る人を一切眼中に置かなくなりました。すると、相手は逆に寂しくなったのか、こちらに優しく話しかけてくるのです。このメモ帳の効果は、絶大です。

この他にも、自分の今後の目標も書く事によって、自分が思い描く人間になれるような気がします。

最新情報をチェックしよう!