注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【健康】毎日16時間断食、1ヶ月めで、わかった絶大なメリット。

中田敦彦さんのyoutube大学を見て、衝撃を受けました。食べるだけでは健康にならず、空腹時間を設けることで、体は体内の破損した老化した細胞や損傷した細胞や癌細胞を分解して、新しい細胞のパーツとして再生する事がわかったと言うことです。

そして、新陳代謝を図ることで、若返りや癌細胞の消滅と言った、夢の体に生まれ変われる可能性を語ってくれました。

元気な女の子のイラスト

食べると言うことは、食物を消化すると言うこと自体が、体に負担をかけます。よって、たとえ栄養満点な食物であっても、体にとって必要以上を摂取すると、その処理のために、身体に負担をかけます。飲み過ぎは食べ過ぎは良くないとは、誰でも知っていますが、普段の食事も仕方にも気を付けた方が良いのです。

体が健康状態を維持するには、毎日食事を摂るが、空腹期間はある程度確保する必要があると言うことです。その空腹時間というのは、一日に連続16時間が理想となります。結構長いです。

その16時間は寝る時間も含んでいいと言うことです。しかし、残りの8時間は何を食べようと、大盛りを食べようとまったく大丈夫と言うことです。何でも好きなモノが食べれるんです。

例えば、夜の8時に夕食を食べて、次に日の朝に朝食を摂らず、12時にお昼を食べる方法だと、丁度16時間の断食期間を設けることが出来ます。

本日で約1ヶ月になります。実施してわかった事は、とにかくお腹の調子が良くなります。今までは、便秘気味でして、毎日バナナなどを食べないと、お通じがよくありませんでした。いつしかお腹の事を気にすることがなくなりました。腹いっぱいに食べれます。実際に挑戦して1ヶ月になりますので、状況を報告したと思います。

■メリット①

以前はお腹が常に膨満気味で、しゃがんで仕事をする場合など、お腹の出っ張りがきになっていました。今では、無用なお腹の出っ張りが無くなり、体が軽く感じます。体重は測っていませんが、既に平均して2㎏は体重が減っているかも知れません。

私の場合、単なる減量を目指しているわけではありません。昔の20代の体を本気で取り戻したいと考えています。人間の体は、1年でほぼ90%が再生されると言われていますから、20代に生まれ変われるのも夢ではないと本気で考えています。そうです。疲れ知らずの、あの若い頃のピチピチ体を取り戻すのです。

■メリット②

何よりも、アトピーは腸内健康に左右されるということが、医学的にも証明されています。確かにアトピーも更に改善しました。自然とお通じも良くなり、肌艶も前より増しました。

■メリット③

血圧も改善しました。以前は、135/90とギリギリ高止まりしており、低くなることはまったくなかったのですが、余裕で110台/70台を連発するようになりました。食塩を控えるなど、食に気を付ける必要がなくなったのです。

好きな塩分の高い歌舞伎あげを食べても、断食の16時間の間に、体がリセットして正常値に戻してくれます。本当に人間の体は、人間が考えているより何倍も優れているのです。体が本来持っている能力のすべてを引き出すのです。

■メリット④

16時間断食をすることが、1ヶ月も続くと、体も慣れて来ました。何より無用に食べ物に費やすことがないので、お金の無駄使いも減って来ました。これも予期しなかったメリットです。

朝食を抜くと、お昼までの約3時間はかなり空腹で、昼食が待ち遠しくなります。家にいると、ついつい食べてしまいます。しかし、メリットもあります。「あれ! いつものカレーこんなにおいしかったっけ??」となりました。また、空腹を我慢していた反動で、全てが一段と美味しくなります。ついつい大盛りを頼んでしまいます。

美味しそうにご飯を食べる女の子のイラスト

食べ過ぎて、逆に胃袋がびっくりして、お腹が苦しくなりがちですが、これは時間が経てば治ります。しかし、しっかりと16時間を設けることで、体自身が自助努力で直してしまうのです。人間本来持っている能力といえるでしょう。

今までは、食事の時間が来たら、空腹になる前に腹いっぱいに食べていました。それは体自身は、体内で栄養分が十分に消化できてなかったから、脂肪が肝臓やら腹などに蓄積されていたのでしょう。

体も取り込んだ栄養素を分解蓄積するにもエネルギーを必要とするので、ドンドン消化しきれずに蓄積されてしまうのは、体も大変ですよね。本末転倒と言えます。

これを更に続けて、結果を報告いたします。

最新情報をチェックしよう!