注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【米株】石油株は、どうやら下げ止まったようです。配当8.6%のエクソンモービルは値上がり益も期待できる今がチャンス。

  • 2020年4月7日
  • 2020年4月7日
  • 米株

石油価格を取り決める、opec+会合で、

サウジアラビアとロシアが減産会議が決別した結果、

怒ったサウジアラビアは、大量算出し、石油価格を大暴落させ、

需給のバランスが取れない各国の石油会社を潰そうと

チキンレースを仕掛けました。

石油王のイラスト

一番困るのは、アメリカのシェール石油です。

シェール石油は、岩石に含まれる石油に圧力を掛けて

抽出させるため、膨大な設備費が掛かるため、

石油が安いと採算が合いません。

opec+に元々、参加していないアメリカは、

このままでは、シェール石油会社が倒産するので、

トランプ大統領は、輸入する石油に大きな関税を掛けると

脅す等、国際的な緊張が走りました。

しかし、サウジアラビアも石油が安いと

自分で自分の首を絞めてしまうので、

いつかは、石油を原産せざるを得ません。

石油の採掘のイラスト

というわけで、このチキンレースは、やっと終わりを迎えた頃には、

コロナショックで、各国がロックダウンするなど、

本当に石油を使わなくなってしまい、

石油価格暴落に、追い打ちをかけて、更なる暴落へと転がり続けました。

石油もやはり、コロナウイルスには、敵わないわけです。

ここに来て、コロナウイルス感染数や死亡者数が

ピークから若干減り始めた為、

やっと底を打ったようで、上昇し始めました。

底だった時のエクソンモービルの配当金は、11%です。

あのタバコ会社である、フィリップモーリス、アルトリアグループ

が8~9%だったのに対して11%ですから、

大ボーナスな訳です。

今でも8.6%ですから、まだまだ買い時ではあります。

海上プラントのイラスト

このアメリカ株大暴落というのは、やはりスケールがでかいですね。

大リーグ級です。

私は、ちょうど大暴落の真っただ中にいました。

サーキットブレーカーが4回も発動しました。

この状態の時は、証券市場がフリーズしたのか?!

それともSBI証券のアプリがフリーズしたのか?!

サーキットブレーカーとはそのようなモノか!?

逃げることなど、まったくできません。

まさに、身体が感電してビリビリした状態で気を失いそうになります。

感電のイラスト

まさに、感電死せんとばかりに、これを止めるのは

やはりサーキットブレーカーしかないでしょう。

こんな真夜中に何が起きたんだとばかりに、

エキサイティングしています。

これを4回も食らうと、本当に株が嫌になるどころか、癖になって

エキサイティングで、テンションが上がって、10倍返しをしてやろうと

いう気になりました。

ここまで下がった資金は、約25%の損失ですが、

刺激が強すぎるので、¥1,000あったおこずかいが、くじ引きに負けて、

300円しか無くなってしまった感覚です。

そうです。残り少ないハシタ金にまで、落ちてしまった感覚です。

そうなると、今まで本当にやりたかった投資に、

躊躇なく、どんどん進んで行けるのです。

助けに向かうヒーローのイラスト(男性)

常軌を逸して、危ない状態ですが、

この株式投資というのは、多かれ少なかれ

暴落恐怖との闘いです。しかし、

この10年に一度のリーマンショック以来の

大暴落の後の10年間は、必ず平穏で、

幸せな日々がやってくるはずなのです。

私事はさておいて、

石油というのは、いつかは石油燃料から

脱皮するしかないと世界は考えていますが、

直ぐには無くならないものです。

石油の価格は、需給のバランスを維持して、

調整することができます。

十分に国家が運営できるほど、まだまだ価値のあるものです。

いずれは、世の中が必要としなくなる時が来るまでは、

配当が高いので、ホールドしても良いと思います。

最新情報をチェックしよう!