注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【ロードバイク】タイヤ交換、コンチネンタルGP5000に交換しました。(交換作業編)

やっと、GP4000→GP5000に交換しました。

元々、私は、そんなにマメにメンテナンスすような輩ではありませんので、

ここぞとばかりに、分解したついでに、

1年半も放置して、固着した泥油を落としました。

ここでは、友人がキャノンデールCADD13 discを昨年末に買ったので、

メンテの仕方も参考になればと思い、手順を明記しました。

以下は、ギヤをはじめて綺麗にして見ました。

(よく見れば、まだ汚いですが、、、)

ワコーズのクリーナをかけて、油をしばらく浮かしてやって、

以下のブラシ(アマゾンで¥168で買いました。)のまっすぐな部分で

コンコンたたくようにすれば、固くなった泥油も剥がれてきますので、

私の様な不精な方には、お薦めです。

さあ!これがGP5000です。これをこのホイールに取り付けるぞ!!!

パンクもしなかったので、1年半ぶりです。

果たして、交換方法を覚えているか、ちょっと心配です。

またもや、ここどとばかりに、今まで手が届かなった部分を

いつもより丁寧に磨きます。

あ!最初に言い忘れましたが、本当の最初にやった方がいいのは、

チェーン磨きです。これは、最初にやっておかないと、

部家の中での作業なので、真っ黒になりますので、要注意!

ワコーズのクリーナーは本当に優れものです。

部屋の中でも、そんなに臭くないし、汚れも少ないです。

但し、下には、汚れて良いクッションシートが良いです。

私の場合は、古いクッションマットを敷いています。

これが、GP5000新品の輝きです。黒々しさが、光ってまぶしいです。

本当に今まで使用していたGP4000とは大違いです。

以下に4000㎞以上走ったタイヤ載せておきます。

以下は、Mavicのキシリューム-エリートustの裏側です。

ホイールの中は、チューブがパンクしないように

丁寧な仕上げをしており、バリひとつも無く、

1年半も何もしなかったのに、

チューブとホイールがくっ付いて離れないというような、固着はなかったです。

しかも、チューブとホイールの間に入れるホイールテープは

不要です。本当に良くできたホイールだと思います。

このホイールテープは、そこそこ軽量でも、

ホイールのような回転体に取り付くと、

慣性の影響で重くなります。

無いに越したことは、ありません。

いたれり尽くせり。

やっぱり、ツールドフランスに出るような、ホイール専業メーカーは、

半端ないです。私的には、けっこう7~8万円はきつかったですが、

本当に良い買い物であったと思います。

何よりも、坂道が断然軽くなりましたから。

以下は、チューブに塗るテンカフのようなものです。

中は白い粉です。やはりこのような専用のモノを使った方が良いです。

赤ちゃんのテンカフのように、空中を漂うことはありませんから。

今回初めて使用しますが、注意が必要です。

以下は、ナイロン袋に白い粉を入れて、

唐揚げを作る際に、鶏肉に小麦粉をまぶすようにしたため、

粉を入れ過ぎて、後から外ではたいて取るような

不始末をしてしまいました。

まるで、塩こんぶのように美味しそう!(笑)ダメダメ!(怒)

以下は、タイヤの裏側に、スポンジで塗っている様子です。

まっ白になります。テンカフのように空気中に舞うようなことは

ありませんので、丹念に塗っていった方がいいですね!(安心)

さあ!これから、ホイールにタイヤをはめます。

片側だけをはめます。

ここで、注意が必要です。

なんと、進行方向があるのです!

以下に矢印がしてあります。

私は、最初間違えてしまいました。後から直すと

大変なので、最初に確認しましょう。

そう言えば、前のGP4000は進行方向を

気にしたことがなかったですね!? ←(やばい)

チューブに空気を少し入れて、全体の捩れを取ります。

まずは、チューブのバルブをホイールの穴に入れます。

最後に、バルブの反対側を入れていきます。

以下は、白く塗り過ぎましたね。

でも大丈夫です。うまく滑ってくれるので。

間違って、挟んで穴が空くことを防止します。

ここで、一番手こずるのが、最初にタイヤをはずしたり、

最後にはめたりするときのレバーの使い方です。

あまりの重労働に、写真を撮るのも忘れました。

パナレーサー(Panaracer) タイヤレバー PTL 3本セット

チューブを挟んでパンクしないかと、ひやひやものです。

以外にも、パンクしたことはないですが、

もっと楽なモノは、ないものでしょうか?!

やっと完成しました。ぶっ通しで、6時間かかりました。

結構な重労働でした。(ヘトヘト)

次は、実際に乗ってみてのインプレッションを行いたいと思います。

乞うご期待。

最新情報をチェックしよう!