注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【少年時代 その4】近くの駄菓子屋で、博打を覚え、イカサマを見抜き、賭博から足を洗いました。

私の実家は、自営工場で 、 5~12歳の少年時代、

両親共働きの質素な家庭に育ちました。

また、3人目の末っ子だったこともあって、

放任主義で、とても自由でした。というか、

ほとんど親は、働きずくめで、

かまって貰った記憶はほとんどありません。

いつも仕事をしていて、親の背中ばかり見ていたような気がします。

また、仕事が終わるのが夜11時(イレブンPMと同じ時間)と遅く、

夜ごはんも夜8時過ぎと遅かったので、

よくお腹を空かせては、「お腹減った」と、泣き叫んでいました。

泣く男の子のイラスト

その反動か!

もの心付いた着いた頃、

お小遣いを貰うようになってからは、空腹を満たすため、

近くの駄菓子屋さんに、よく一人で、おやつを買いに行ってました。

親があまり構ってくれない代わりに、お金を貰ってました。

駄菓子屋のイラスト

とにかく、好き嫌いが激しく、野菜が大嫌いな少年でした。

普通のご飯を食べるのが、大嫌いでした。

しかも、お菓子が好きで、「かっぱ海老せん」と「ベビーラーメン」が

大好物でした。

ご飯は、まったく食べず、御菓子ばかりを食べて育ちました。

以下は初代の懐かしい「かっぱえびせん」です。

そのまんま「やめられない、とまらない」・・・でした。

1964年

以下は、これまた懐かしい、初代のベビーラーメンです。

商品イメージ

とにかく、「ベビーラーメン」が好き過ぎて、当時10円でしたが、

普通のラーメンのように、ガッツリ食べてみたかったので、

親から100円貰うと、まとめ買いして、

大きなナイロン袋に大量に入れて、お湯を沸かすほどの知恵もなかったので、

井戸水を入れて、食べた記憶があります。とても美味しかったです。

鍋から直接ラーメンを食べる人のイラスト

親は忙しかったので、何でも自分ひとりでやっていました。

「かっぱえびせん」も同様に井戸水を入れて食べると、

とてもフワフワや柔らかくなり、美味しかった記憶があります。

もちろん、小学生の時に、既に親に内緒で、行動し、

金さえ手に入れたら、好き勝手やってました。

やんちゃ坊主のイラスト

なんだが、御菓子ばかり食べると、身体に良くないとは言いますが、

当時は、今のような合成保存料のような添加物は、なかったような

時代ですから、以外にヘルシーだったかもしれません。

かっぱ海老せんも、その名のごとく、

エビが多く、入っていたはずですし、もっと赤かったし、

今食べると、エビの味が薄いように思うので、

含有量も多く、ヘルシーで、

味も、もっとエビが濃かったのでは、なかったかと思います。

干しエビ・桜えびのイラスト

今は、人生を半世紀生きていますが、コンビニによると、

必ず、ベビースターラーメンを買ってしまいます。

しかも、子供の頃食べた30円のミニサイズ限定です。

これを一袋食べれば、満足です。

しかし、100円の大きなサイズは、無用です。食べた気がしません。

ジュースは、結構高価でした。一番好きだったのは、「スコール」でした。

「スコール ジュース 瓶」の画像検索結果

コーラは炭酸が強すぎて、一旦、炭酸を抜かないと飲めませんでした。

その点、スコールはカルピスサワーのように、甘酸っぱくて

爽やかで美味しかったです。

また、格別に楽しかったのは、福引きです。

「くじ引き」の画像検索結果

一等が豪華ガムや飴やチョコレートの詰め合わせです。

ハズレは、小さいガム1個です。

1回10円ですが、いつの間にやら、握りしめた50円は無くなってしまった

虚しい思い出があります。お金が底を付いて、他の人が買っていく様を

恨めしそうに、眺めていました。しかし、誰も一等を引かずに、

くじが無くってしまってました。そうです。イカサマでした。

壺振り師のイラスト

小学生の段階で、博打をやって、イカサマを見つけてしまいましたので、

この理不尽さが嫌になり、博打から足を洗いました。

なので、今でも宝くじや、パチンコ等の博打は一切やりません。

しかし、最後の残った一等賞の行方は、どうなったのでしょうか!!!

なんと、最後のくじを引いた人が、駄菓子屋のおばちゃんに、「武士の情け」で

貰っていました。この事実を見てしまった以上は、

くじ引きが売り切れ寸前に買い、おばちゃんに「くじが無くなったよ」と

直訴して、一等賞を貰ってました。

優勝カップのイラスト

この時から、「人生はずる賢く生きる」が私の座右の銘となり、

駄菓子屋で色々な事を学んだ、少年時代でした。

最新情報をチェックしよう!