注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【米株】大暴落後の上昇相場に乗るならボーイングが爆上げ、まだ間に合います!!

  • 2020年3月26日
  • 2020年3月26日
  • 米株

中国では、新型コロナウイルスが終息に向かいつつある様子が

YOUTUBE動画にアップされる中で、

やっと光が見えて来たと言えるでしょう。

アメリカやイタリアでは、パンデミックの真っ只中ではあるが、

時間の問題と捉える風潮が感じられるため、

株価も一気に反発してきました。

スマートフォンでチャートを見る女性のイラスト(上昇)

これまで、アップルやマイクロソフトの

ハイテク関連を追いかけては空かされ、追いかけては空かされ、

を何回も繰り返し、満身創痍の状態です。

本当にこの株で良いのか、単純計算を比較して見ました。

特にマイクロソフト、アップル等の

ハイテク関連は、元々上昇圧力が高いので、

1か月前のピーク時から約30%落ちたに過ぎません。

ピークに戻しても約1.4倍です。

5Gのイラスト

一方、ボーイングは3か月前のピークから約65%も落ちていました。

ピークに戻すと2.9倍になります。

眞にアメリカンドリームです。

現に、昨日はニューヨークダウが、平均5%下がっていた時に、

ボーイングだけが10%上がっていました。

いろいろな色の飛行機のイラスト

余程、飛行機事故が多発し、コロナショックが重なって、

財務内容が悪かったため、

倍下がっていたのでしょう。

しかし、ボーンイング社は、飛行機事故は

2018年から2件も発生しましたが、

その影響による株価の下落は、ほとんどありませんでした。

トランプ大統領がこの危機を救おうとしている

影響でもあるでしょう。

つい3か月までは350$近かったですが、最安値は今の103$ですから、

再び、3倍上昇して行くでしょう。

あの投資の神さまウオーレンバフェットも、ボーイングの株を持っており、

しかも売らず、買い増しさえしている噂を耳にします。

ボーイングは、機関投資家や大物投資家が狙う株ということは、明確です。

考えても見てください。

今は、新型コロナウイルスの影響で、出入国拒否で

737MAXの機内はガラガラですが、

どうやら中国は、ピークを過ぎたようなので、

終息は時間の問題であると考えられます。

数か月後には、以前と同じように

人々は、再び737MAXに乗るに違いありません。

飛行機雲のイラスト

やはり、バイクのパーツは自転車の10倍!

クルマのパーツはバイクの10倍!

飛行機のパーツはクルマの10倍!といいます。

また、それに伴って、関係する人の数も同様です。

よって、とても裾野が広いのです。

富士山のイラスト

トランプ大統領もボーイングを救うということは、

何百万人の生活を支えることになりますから、

見捨てる訳にはいかないのです。

私は早速、飛びつきましたが、どうなるかは乞うご期待です。

ピークに達するまでは、ゆっくりと寝て待つこととします。

やっと、落ち着いてブログが書けるようになりました。

どう考えても、コロナウイルスは、一時的なモノであって、

いずれは、ワクチンも開発されると考えられます。

このグローバル化社会に、人の往来がなくてはならないので、

その足となるのは、飛行機において他なりません。

投資の神様と称されるウオーレンバフェットが、

神と称される所以は、

このような超大企業が、事故で信用を

失って、倒産の危機に瀕して、しばらくは落ち込んでも、

また再生するまで、温かく見守ります。

そして、今まで以上に大きく育て上げます。

そしていつかは、自立して飛び立てるまで、、、

「株は売らないよ」。。。という一言に集約できるのではないでしょうか!?

神でしか成し得ない大業を

時間を掛けてゆっくりと傷を治して行くという

眞に神である所以と考えられます。

祈る人のイラスト(女性)

ウオーレンバフェットは、あんなにもお爺さんなのに、

お金も必要以上にあるはずなのに、

一線で頑張っておられるのは、単なる金儲けではなくして、

まさしく、世の為、人の為に頑張っておられるのでしょう。

最新情報をチェックしよう!