注目キーワード
人は生きている限り、趣味と健康と金が満たせられると幸せになれる。

【米株】【不労所得】アルトリアグループ(MO)は配当性向8%越え!買い時到来!40$/株が底か。

アルトリアグループが配当性向が8%を超えて

ほぼ5年前の水準にまで落ち込んでいます。

ここは、狙い時ではないでしょうか。

いくらタバコの需要が減っているとは言え、

どうしてこんなにも下がるのか!?

また、株主の要望に応え、2020年まで10億ドル(1000憶円)で自社株買いを行います。

利益率もそんなに悪くないのに、こんなにも好条件が揃うのは、

めったにありません。買いだと思います。

仮に資金が400万円として、1年で¥324,400もの配当金を得ることができます。

資金(万)1年後2年後3年後4年後5年後
¥400.0¥324,400¥648,800¥973,200¥1,297,600¥1,622,000

6年後7年後8年後9年後10年後

¥1,946,400¥2,270,800¥2,595,200¥2,919,600¥3,244,000

と、金の雨を降らします。これぞ、不労所得です。

臨時収入に喜ぶ家族のイラスト

この配当金は、使い切っても元本に影響はありません。また、再配当することで

さらに利益を増やせることができます。日本の投資信託に良くあるような

タコが自分の足を食うような、元本自滅型のタコ足分配金とはワケが違います。

このような日本のインチキ投信は、運用成績は良くもないのに手数料を3%を

取ったりしますので、絶対に手を出してはいけません。

そもそもアメリカ株には、このような詐欺投信はひとつもありません。

こんなのあったら、おそらく訴えられでしょう。

私も日本株しか知らない時期には、大やけどを負いましたので、

二度と手を出しません。日本の投資会社は、このようなインチキ投資信託が

4000種類もあるので、お年寄りが餌食になります。これを野放しにしておく

日本もクレージーと言わざるを得ないでしょう。

話は、アルトリアグループに戻します。これにも弱点はあります。

今のアルトリアグループが危険なのは、毎日1%づつ株価が下がっていることです。

スマートフォンでチャートを見る女性のイラスト(下落)

ここは、焦らずに全資金の3割から5割を今投資し、後の残りを現金として持っておきます。

そうすることで、精神的な安定を維持します。

決して全額投資してはなりません。

全額投資すると安い時に買い増せないので、凍死します。(笑)

また、アルトリアグループのような超大企業ともなれば

フィリップモーリスと合併する案も持ち上がっています。

とんでもない超大企業グループ会社がバックにいますので、まずは倒産することは考えられません。

残りの資金で株価が下がれば、さらには配当性向が上昇するので、買い増します。

下がれば買い増しチャンスと捉え、買い増すのです。

このようなチャンスは5年に一度しか無いのではないかと思います。

一方、ベクタークループも配当性向が13%を超えていますが、

財務内容が芳しくないので、こちらは危険な香りがプンプンするので、

いくら20年連続増資といってもヤバい事には、変りがないので、

手を出さない方が無難です。

最新情報をチェックしよう!